.

『前屈』で自分の体の状態を知ろう!① 整体 長居







大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます??






このところ、毎朝寒いですね☆



photo:01

寒い日にはコレ!“ホットワイン♪



…お酒で体を暖めるって、ワリと“一般論”なんですが、こめだの場合は呑めば呑む程体が冷えるんですが、なんで?






さて、その寒いの大好きなこめだにとっては、まさにシーズン到来といったところですが、この時期、体が硬くなったりするもんです★






皆さん、『前屈』すると、どこまで手が付きますか?あるいは床との間に何cm隙間があいてますか?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!こめだは関節がやわらか過ぎて参考にならんのです★



腰が痛かったり、重かったりする人は概ね『前屈』しにくいはずです。






『前屈』できないのは、単に体が硬いだけではなく、実は様々な病状の前駆症状なので、自分でも「ちょっと体の調子が悪いかな?」なんて思われてる方は、普段の『前屈』での手の付き方と比べてみるのも、客観的な判断材料になりますよ!



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!もちろん人によりけりですが…



…といっても、お医者さんに「先生、わたし急に体が硬くなってしまったんです?」と訴えたところで、ストレッチを勧められるのが関の山です(第一何科に訴えたらよいのかわからんし)。






では、『前屈』ができないのは、どういう状態を指すのか?






『前屈』の際の動く関節は、各椎間関節(胸椎、腰椎)、仙腸関節(一般には不動関節とされているが)、股関節で、胸椎の可動範囲は最大105°、腰椎の可動範囲は最大40°、仙腸関節は?(うなずき運動とあるが、角度は謎)、股関節は膝屈曲時最大120°以上、膝伸展時最大90°です。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!カパンディより抜粋。



つまり、単に関節の可動域だけでみると、仙腸関節を除外しても、膝伸展時で235°曲がる構造なんですよ。






では、曲がらないときは何が邪魔をしているかというと………股関節の説明でもうお分かりですよね?






そう、筋肉です☆



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!特に“伸筋群”ですね!



厳密にいうと、“筋肉の可動範囲”が前屈の角度を決めるのですよ。






ですから、皆さん関節が固まらない様にストレッチするわけですが、ここで実験しましょうか?






最初にまずそのままの状態で『前屈』してみましょう。






床までの距離を覚えていてくださいね!






次に、左右どちら側でもよいので、エンピツかボールペンを奥歯でかみしめて再び『前屈』してみてください。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!すいません、モデルはこめだです★



どぉです?先ほどと比べて変化がありましたか?






案外自分ではわかりにくいもんですが…






曲がりやすいこともあれば、曲がりにくいこともあるはずです。






これ、顎の関節のかみ合わせが実は姿勢、及び体の可動におおいに関係する証左なんです!






顎の噛み合わせ自体が“体の歪み”の現れなので、この噛み合わせが狂うと言う事は、すなわち筋肉の可動域に異常があるという事ですから、当然『前屈』の差が出てきても不思議な事ではないんですよ。






というワケで、さらに詳しく次回メカニズムについて説明しますね♪






学校の体操の授業で、身体の硬さを自覚し、その後腰痛などに見舞われた方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さい!





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877