.

『変形性膝関節症』の処置について。整体 長居

2014年2月6日 【├変形性膝関節症。







大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






積み重なって41歳となっちゃいましたこめだです☆
住吉区長居の『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです!


photo:04

節分の豆、なんか足りない★



ずいぶんオッサンになってしまいましたが、まだまだこれから患者さんのために頑張らなきゃ?






皆さん、今後ともヨロシクお願いします♪






さて、ウチの患者さんで左膝の調子が悪く、整形外科で水を抜いて貰っている方が居られまして、ウチで治療をすることになりました(レントゲン画像上、少し“変形”しているらしい)。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!立ち仕事で膝痛は困りましたね!



なんでも、長い間違和感があったそうですが、無視していて、痛みが出たきっかけが家の大掃除だそうです。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!膝関節の解剖学的構造図。



それ以来、正座はできず、常に足を引きずり、膝は腫れて熱感があり、湿布を手離せない状況。






水(余剰滑液)のなかには血液が混じり、炎症状態がずっと続いているとのこと。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!変形があるとこんな感じ。



で、ウチで初回の施術後、痛みはまだ残存するものの、正座がかなり体重を乗せれるようになりました♪






2回目の施術は3日後、痛みが少しあるものの、次の日が雨の予想で、多分そのせいだろうとのこと。






施術後はかなり軽くなったらしく、膝の腫れも目視にて縮減を確認!






で、4日後に再び施術をしようとすると…アレ?






「スッカリ良くなって湿布をするのを忘れてた!!」とのこと☆






ワザワザ膝を見せてくれて、正座も(普段の食事を座卓でするらしく)出来るようになったと大変喜ばれました?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!ほっといたらこうなってたかも!?



なんでもこめだが治療をするまでに週に3日は整形外科に通院していたらしく、一体何を「治療」という名目で行っていたのやら(まぁどうせ“ホットパック”やら“電気”やら“薬”しかやらないだろうけど★)。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!年齢が高くなるにつけ、罹患率は上昇する。



まぁ良かった良かった…と、思ってたら、2週間後の施術日にまた具合が悪くなってる★






何で?どうして???






疑問に思い、患者さんを問い質したところ、「調子が良いので整形外科に薬だけ貰いに行ったら、断ったのに水を6cc抜かれ、それから膝がガクガクして痛い。注射射たれた箇所もいつもと場所が違う。」えぇぇぇぇ??






………ほんっっっとに有り得ねぇ。






ワケがワカランのはその整形外科医で、状態が良いかどうかも把握せず、ルーティンでやってるからこんなことになるんですよ★






もっと言えば、こめだも整形外科に勤務した事が有るから言えるんですが、“症状”を診てるだけで“患者”を診てないからこんな事になるんですな★






聞けば『触診』はおろか、『膝関節の可動状況』も、まともに観察してないらしい(だろうねぇ…)。



photo:03

「パソコンばっかり見てる」と患者さんは良くおっしゃいます。



以前こめだは「整形外科のやってることは詐欺と一緒」とこのブログで述べたことが有りますが、ホントに患者さんを治したいなら整形外科は手を出すな?と言いたい。






それに、最近はアメリカの整形外科学会において策定された『変形性膝関節症(OA)治療ガイドライン』において、“ヒアルロン酸注射注入療法”は、「もはや推奨出来ない」としていますが、単に“痛み止め”を膝の関節裂隙に注入するのも、以上の結果に鑑みればもはや辞めるベキかと思いますよ★
ダウン ダウン ダウン
http://www.qlifepro.com/news/20130904/aaosguideline-oaknee.html






そもそも“関節注射”は、「なぜに膝の関節に水が溜まりやすくなるのか?」「なぜに膝が腫れるのか?」といった原因究明は一切為されず、極めて『即物的』に単純に痛覚を遮断し炎症を止めようとする行為ですから、その薬効が効いている内は良いのですが、効果が切れたらまた注射、ということの繰り返しになるんですよ。



photo:01

少なく
とも「歳のせい」なら、注射は根治療法には当たらないですから★
photo:02

コレやって、「歳のせい」な変形関節に何をアプローチするのかな?



ともあれ、変形性膝関節症の処置に注射はかなりの確率で勧められますが、断ったほうが無難かと思いますよ☆







膝関節痛は有るけども、もぉ注射はしたくない??って方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さい☆ 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877