.

『側弯症』は難しい。整体 長居






大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






いつもの朝、通勤の為に学園前のプラットホームで電車を待っている時、気付いた。



photo:02

でっけぇヒビ割れ★



はて?前からあったっけ?






無かったよーな…と言うより、相当ヒビ割れ凄いんだけど、なぜ補修しないんだ★






地殻変動の前触れか??






さて今日は“側弯症”について述べたいと思います。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
典型的な“側弯症”のレントゲン画像です。



まず“側弯症”の定義についてですが、正常であれば真っ直ぐに伸びるはずの脊椎が、側方(横方向)や捩じれてしまうものである(つまり成長期に正常に成長しなかった病気)。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
捩じれた結果として、内臓を収める空間が左右非対称となっているのがわかる。



原則として痛みはなく、したがって初期の発見は難しい上、仮に初期に発見できたとしてもこの進行を止める手段もこれといって効果が確認されているものはありません。






高度の弯曲では胸部の圧迫と変形が著名となり、呼吸器障害や循環器障害を引き起こすなど、内臓器にも影響があります。






中には原因の特定されている先天性側弯症(脊椎の先天的異常)、神経原性側弯症(脳・脊髄の異常)、筋原性側弯症(筋肉の異常)、間葉性側弯症(マルファン症候群)、神経線維腫症、外傷性側弯症といったものがあるが、大部分はいまだに解明されていない“突発性側弯症”です。






発症は乳幼児~学童~思春期に区分されているが、思春期が最も多く、1:7の割合で女子に多い。






処置としては、装具の装着やひどくなったら(軽度は30°未満、中度は30~50°、高度は50°以上の曲がりとなる)手術にて固定を行い、あとは定期的にレントゲン撮影をして経過観察を行うのが一般的です(最近は手術も少ない様ですが★)。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
脊柱の両側にボルトと金属が白く映っているのがわかる。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
カーブの角度が違いますね。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
このような装具を常に装着するため、患者側の負担は重い。



実は北京、ロンドンで複数の金メダルを獲得した陸上短距離の金メダリスト、ウサイン・ボルト氏も“側弯症”なんですが…



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
フォームが変なのはそのせい。



ボルトの例でも分かる通り、“側弯症”であっても、特別日常生活に支障をきたす事はありません☆






もし“側弯症”で痛みや症状が出るなら、過酷なトレーニングはそもそもなりたたないからです。






したがって、よく腰痛や背部痛で整形外科へ訪れて「側弯症が原因です。」などといわれる方が稀に(いや、意外と多い気が…)おられますが、その病院には行かない方が良いです(何されるかワカランので★)。






さて、実際の“痛くない”進行性の側弯症”を理学整体は治すことが出来るのか!






…といわれると、ちょっと…と言うしかないのが本音です。






ただ、間違いなく言えることは、あの背骨を強烈に曲げる力は筋肉の伸縮により発生しているということです!






つまり、「骨が曲がって成長した」というより、「盆栽みたいに曲がるように筋肉が勝手に伸縮させた」という感じです。



photo:01

盆栽で曲げるのって、針金でギチギチに巻くのね?



理学整体の手技は、その筋肉の伸縮を正常に正す手法ですので、可能性はあるはずです。






実際のところ、過去にも酒井健康院に勤務していた頃に、“側弯症”の患者さんがおみえになってましたが、曲がりを完全に元に戻すことはできませんでした。






というのも、成長しきった患者さんだったからで(骨の形は変えようがないので、“側弯症”以外の歪みは取れるけど“側弯”自体は修正できない)、思春期の進行中の患者さんじゃないからです。






進行中の患者さんに『理学整体』を試してみたらどうなるのか?






出来れば症例を積み重ねて、パターンを掴みたいですね!






それでも『側弯症』解消に賭けてみたいって方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877