.

“レーザーOPE”ってどんなの?⑤ 整体 住吉区






大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






先日、患者さんに“おかき”をいただきました♪



photo:03

上品な包装。
photo:04

京都にしか無いので、行ったら買うそうです。
photo:05

小分けされてます☆



コレ、非常に繊細で美味しかったです♪






魅惑の“京都”………長いこと行って無いなぁ★






さて、今回のネタは『告発』に近いですが、絶対に残しておくべきものと思いUPしてます。






このブログをいつもご覧になっている方なら分かると思うんですが、こめだの記事に新聞のスクラップが良く出てくるのは、証拠能力が担保された資料なので、確実に信頼できるからなんですね☆






なので、今回の記事をあえてプリントアウトしたのも習性みたいなものですし、当然これだけのニュースなワケですから、翌朝の新聞に載っている筈ですので、スクラップするべくいつものように見始めたわけですが、この時はいつもと違ってました。






当時はこめだは岐阜勤務でして、岐阜新聞と中日新聞をチェックしたんですが、どこにも関連記事が無いんですよ。



photo:01

岐阜って、“大河ドラマ”の舞台になり易いのに、何で存在感が薄いのやら?



それどころか、Yahoo!ニュースのヘッドラインからも消え、アーカイブにも無いんですよ!






あのネットから拾った記事は、最後に残っていたオープン・ソースで、相当探して拾った記事なんですよ!






普通ならアーカイブされる筈の記事がいっせいに無くなったんですから、何らかの圧力がかかったとしか思えません。



photo:02

こーゆーのは、あんまり考えたく無いんだけど★



リアルに“揉み消し”ってヤツを体験したワケです(“証拠”は無いけど、そう判断せざるを得ない★)。






しみじみこんな事ってあるんだなとビックリしましたからねぇ。






今現在でもこの件は殆どネットには無いですね、検索しても、たまに日記みたいなのに残る程度ですよ。






記事にある通り、その年の1月のことが12月に報道されたわけですから、被害者側と病院側との交渉が難航した事によるリークだったのか、記事による公開を事前に察知して交渉を纏めた結果、被害届を取り下げたのですぐに報道各社に圧力をかけたのか、真実は藪の中ですが(“事件”か“事故”かワカランのはこのせいなんですよ)、ドラマを見ているみたいな展開でした。






こめだは元々大手の報道や新聞を疑って見ている人なので、生情報(一次情報)しか興味がなかったのですが、それさえ恣意的に操作するんだということは勉強になったなぁ☆






…というふうに、手掛かりが一切消滅した次の週に、『週刊現代』がやってくれました?



photo:01
すんごいタイトル☆



今になって、原本も保持しておくべきだったと後悔してますが、コピーとはいえ、全国で販売されているワケですから、アーカイブも有るでしょう。






『週刊現代』の記事では内容がより詳しく書かれていますが、ここでは要点を纏めて出します。






①死亡した男性は歯科医で、OPE前の診断名は「頸椎症」(頸椎が変形し、神経を圧迫している)であること。



②警視庁の捜査により、東京慈恵医大で司法解剖が行われ、死因が「頸部深部膿瘍」であり、◆▲ファーストクリニックの「経皮的レーザー椎間板減圧術」(PLDD)をその原因と断定していること。



③“レーザーOPE”後、翌日より高熱、首から肩にかけての強い痛みと嚥下障害(飲み込みにくい)、さらにそれまで症状の無かった右腕が動きにくくなったこと。



④直接死因である「頸部深部膿瘍」が、感染症を引き起こしている事を意味し、この際「硬膜外注射」や「痛み止め」として使用される「オルガドロン」や「プレドニン」といった薬物は感染症に対し、絶対使用してはならないものであるとということ。



⑤“レーザーOPE”後の原因不明の症状の出現により、◎茂医師の再診を受けた夫婦から「何かの感染症では?」という質問に対して、「2008°Cで焼いているから感染症はあり得ない」として、血液検査等の原因究明を怠ったこと。






以上の様に、様々な不運が(判断ミスが多い?)重なったことによる結果とも言えるが、それをリアルに揉み消されたところを見ると、恐らく今もこの件の反省を踏まえた上で改善しているとは思えないんですよね★






さかのぼる2004年(H16)10/8の中日新聞に、やはり“レーザーOPE”に対しての懸念が、“レーザーOPE”を使用している医師自身の独白として書かれているのが印象深いので、ここに引用してこのシリーズの終わりとします。



photo:02
コレが現実ですよ。



~「効果が出るときはすごいが、効果が得られないケースもある。ほとんどのケースで効果が出せるかの様な誇大宣伝をする医療機関もあって、信頼性がそこなわれている。」~






レーザー手術を受けたにも関わらず、改善が認められなかった方は、ぜひ一度『理学整体こめだ健康院』の手技をお試し下さい!




理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877