.

姿勢が変わると、スポーツのパフォーマンスが上がる! 整体 住吉区

2014年6月5日 【└雑考。







大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






ウチの山椒の木に、アゲハの幼虫が居た!



photo:01

大食漢なんだコレが★



庭のグミの木にも、実がスズナリ♪



photo:02

もちろん食えます!
photo:03

収穫して、冷蔵庫で冷やしてる♪



大地の恵みがありがたいですね☆






さて、随分前なんですが、オリンピックで“レーザーレーサー”なる水着が随分流行ったのを憶えていますか?



photo:01

コレね。いっぺんどんだけ早くなるか着て泳いでみたい。



あの、着用するだけで30分かかるという★






とんでもない締め付けで身体の体積を減少させ、表面の特殊加工と共に水の抵抗を少なくすることによって、タイムを縮め、レコードをどんどん塗り替えていった、あの水着です。






当時、金メダル候補だった誰だったかが、「水着に左右されたくない」と頑なに着用しなかったり、直前にスポンサーが違うにも関わらず、オリンピック本番で着用したりと色んな人間模様を見せつけられましたねぇ★



photo:02

凄い人ですね☆



あの水着にもうひとつ、早いタイムを刻むための秘密があったのをご存知ですか?






それは、「“姿勢”を矯正する」ことだったのです!



photo:03

二人がかりでも大変そうだ…



そもそも水泳は身体を「伸ばす」事で多くの水をかく力を得、かつキックの力が増すスポーツです。






野球やゴルフでいうテイクバックが、水泳では身体を目一杯「伸ばす」ことで、身体が伸びれば腰は反り、腰が反ればキックは水平方向への推進力を得ることができるわけです。






また、その姿勢を維持することが浮力を得るために一番重要で、そのために水泳の初心者に徹底して意識付けさせるのが「顎をひく」ことなのです。






そう、これは普通に立位、座位において顎をひけば腰が伸びるという原理に適っているわけです。



photo:04

背筋がシャン?



でも、競技ですので当然疲れてくれば顎が上がり、腰が伸びなくなり、伸びなくなったことでプル(両腕で水をかくこと)の推進力を減じさせ、かつキックが水平よりも下に向いてしまうので、水着の側でフォームを担保させ、選手の側の疲労を減らし、記録を伸ばそう企図したのが“レーザーレーサー”なのです!






ここからも分かるとおり、「良い姿勢」はあらゆるスポーツにおいてフォームの基礎となるべきものであり、効率的なパフォーマンスのための第一歩です。






ところが、普段から姿勢が悪い人は、先ず「良い姿勢」から作らなければフォーム自体がうまく機能しないし、それが怪我の元となります。






ところが自分の姿勢の悪さって、案外自分では自覚が無くって、他人に指摘されて初めてわかるものなんですよ。






なので、自分で「良い姿勢」を取り戻すことは無理なんです。






せっかくスポーツするなら怪我無く最高のパフォーマンスをするために、キチンと『整体』してみるのも面白いと思いますよ?






他にも趣味の社交ダンスや舞踊、詩吟などでも姿勢が問われますよね☆



photo:05

パートナーが居れば尚更です!



これ等のパフォーマンス向上のために理学整体の手技はお役に立てることと思いますよ?






スポーツのパフォーマンス向上にご興味のある方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さい!




理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877