.

“慢性疲労症候群”の患者さん。 整体 住吉区







大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます♪






ワンオフで製作依頼した『傘立て』が、届きました!



photo:09

早速使用☆



今まで既存の『傘立て』を使用してきましたが、①軽量な為、不安定②折りたたみ傘が取り出しにくい③尺の長い傘が枠からハミ出し引っかかる、といった不満点があり、これらを一気に解消すべく、だいたいの寸法と、上の要求を満たすポイントだけをデザインで提示して、あとは(材質とか、全体のデザインとか)作家さんにオマカセで、神戸の『れんが舎』さんに製作を依頼、約2ヶ月で出来上がりました♪



photo:10

“コンクリ”と“鉄芯”で出来てます♪



『れんが舎』
ダウン ダウン ダウン
http://rengasha.ocnk.net






やー、“梅雨”に間に合って良かった♪






さて、最近は今日のテーマ、『疲労』絡みでネット上に色んな記事がありましたので、先ずはそちらのURLを貼っておきますね♪
ダウン ダウン ダウン
http://sp.mainichi.jp/select/news/20140522k0000e040142000c.html

http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/life/news/140523/lif14052308000001-s.html



photo:01

いわゆる“不定愁訴”が、症状の特徴ですね!
photo:05

何を計測して数値化してるのやら?



『疲労』の専門外来が出来たり、『疲労』を数値化したり、メカニズムの解明に乗り出したり、概念を広める為の啓蒙活動に乗り出したり…何故かどちらも“大阪絡み”なんですが、それだけワケワカラン症状で困っている患者さんは多いって事ですよね♪






実はウチにも、タイミング良く“慢性疲労性症候群”の患者さんが通院して居ます。






まぁしかし、『疲労』って名前は付くけど、その病態はこれから解明される位だから、単なる『疲労』では無いハズですよね?







もし単なる『疲労』であれば、栄養ドリンクやサプリ、点滴はあくまで薬の覚醒作用を用いて『疲労』を忘れさせているだけで、当然効果が切れるとリバウンドで眠気や疲労感が増強することや、『疲労』は「痛み」や「発熱」といった症状と同様にヒトの健康状態を知らせる“危険信号”であり、その蓄積が限界を超えると病気として出てくるワケで、しっかり休む事が肝要なんですが、これは腰痛や肩凝り(思いっきり疲労の現れですね!)など、我々の整形外科的な分野においても全く同様なんですよ。



photo:03

症状出現はレッドカード?



ところが、案外現代社会の特徴なのか、いわゆる“養生”っていう事を、みんなやりたがらないで、エナジードリンクとか、薬に頼って、皆さん頑張っちゃうんですよね★



photo:02

なまじ動けるがユエに、余計“悪化”する★



なので、本当に良くしようとするならば少なくとも「痛み」や「発熱」、その他の症状が出ている時は、薬やエナジードリンクなどで誤魔化そうとするのではなく、その人個人の持つ『回復力』に頼らなければなりません。






どんな人にだって回復力は有ります。






赤ちゃんでも、お年寄りでも、多少回復力自体に差はあれど、怪我をした傷口が元に戻ろうとする働きがある以上、回復力は必ずあるんです。






例えば、よく腰痛で整形外科に行くと「このままじゃあるけなくなるから歩いて体を鍛えなさい」とか言われますが、コレがいかに矛盾に満ちたアホなセリフかがよくわかりますよね(鍛えてないから歩けなくなったワケじゃ無いから)★



photo:06

『疲労』でも、歩けなくなりますし★



なので、我々は必ず患者さんには「仕事などで動くのであれば、症状のない楽な範囲で、疲れる様な事をしないで、決して無理をしないで出来るだけ休んでね!」と必ず言います。






が、現実には治そうとしてラジオ体操をしてまた痛めたとか、TVでやってた体操を一緒になってしてたら具合が悪くなったとか、休めば良いのに睡眠時間が毎日4時間とかが非常に多いんですよ★



photo:07

そら回復せんわ★



そして、『慢性疲労性症候群』の患者さんでも、我々が普段扱う腰痛の患者さんでも、だいたいにおいて実は共通
項が有ります。






それは………やはり『姿勢』が悪いんですよ★



photo:04

いかにも「疲れたぁ★」のイメージ!
photo:08

自律神経系との相関関係があるので、安易に考えるのは良くない★



なので、先ずは明らかに顕在化している異常を治し、尚且つ自身の回復力を効率良く引き出すために、シッカリと休ませる事が肝要です☆






理屈に合わない情報に惑わされず、正しく本質を認識することが健康への近道ですよ!






疲労に対する身体の回復力を、より効率良く働かせる『理学整体こめだ健康院』の手技を受けてみませんか?





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877