.

『理学整体』で、治せる範囲はどこまで? 整体 住吉区

2014年6月24日 【└雑考。







大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






庭のクチナシが咲いて、良い薫りが漂っています♪



photo:02

超久しぶりに咲いた??



ウチのクチナシ、ずーーーーーっと咲かない状態が続いてまして(やはり、日当たりの悪さが原因か?)、例年「あぁ、今年もダメか★」という感じだったのですが、ホントに今、かつてないフィーバー振りで、素晴らしい♪






初夏の涼やかなフレーバーですね☆






さて、こめだが属する『理学整体』の手技は、実はとても症病の適応範囲が広いんです。






どういう事かというと、要するに患者さんの状態。






つまり、「来るものは拒まず」なんですよ(といっても“感染症”とかはさすがに分野が違うので断ったりしますが★)。



photo:01
ギプス巻いてるのも、他の手足が使えるなら可。



なので“リウマチ”であろうが、“パーキンソン”であろうが、両膝、両股関節を“人工関節”に置換していようが、長さを揃えるための“骨切り術”をしてようが、“側弯症”で脊柱をプレートでガッチリ固めていようが、座る事しかできなかろうが、“捻挫”でパンパンに腫れていようが、“妊娠”してようが、いかようにも対応しますよ。



photo:02
出産一日前まで施術可能。
photo:01

先日も、ふくらはぎの“肉離れ”の患者さんが来院したし☆



『理学整体』の手技は非常にソフトですし、座った状態や立った状態でも、あるいは寝られない(臥位が取れない)人や歩けない人でも対応できるため、例えば肩の症状でも足を触って治すことがあるのです。






友人曰く“不思議整体”ですが、それなりに、そのときの状態で一番良い所まで仕上げることは出来るはずですから。






タイトルにあるように、膝や股関節を人工関節に置換している場合、手術が成功しているにもかかわらず手術後にしばらく時間が経過してから不具合が出たのであれば、その症状は解消する可能性があると思います(ただし、どの位期間がかかるかはわかりかねますが)。



photo:03
コレは股関節の人工骨頭。



ただし、明らかな手術の失敗や、成功と言われていても、手術直後から手術前よりもおかしな症状が出たりした時は治せないことがあると思いますが★






それでもやってみないとワカランでしょ?






普通の手術もそうですが、人工的な刺激が入ると結構厄介ではあるんですよ。






最近でも、肩首の調子が悪くて近所の接骨院に行って、マッサージや首の牽引を受けたところ、良くなるどころか手までシビレてきたなんて方もおられます。



photo:04
首の牽引器。



よく効いてますよ、悪い方に?






ましてシビレが出るなんて余程ですよ★






こうなってくると、やはりそれなりの時間がかかりますね、体の壊れ方が読みにくくなりますし(難易度が上がる)。






そうなった時は、文句はそちらにお願いします(悪くなったのはこちらの責任ではないので)。






何でもそうですが、壊すのは簡単で、修理には時間がかかるんです。



photo:05
皿を割るのは簡単。“金繕い”は難しい★



手術はつまるところ改造です。






決して本来あるべき状態に戻す治療法ではありません。






それでもそれなりに答えを出すお手伝いを出来ると思いますよ!






どこへ行っても、相談に乗って貰えなかった方は、『理学整体こめだ健康院』までご相談くださいな♪




理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877