.

よく有る質問、『コルセット』はしても良いのか? 整体 住吉区

2014年7月3日 【└雑考。







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます??






   今日から7月!一年の半分が終わってしまいました☆






   早いですねぇ、とりあえず敷布団の上に竹マット敷いて、暑さ対策しました!



photo:03
背中が暑いと眠れん??



   気候の変化にも、上手く対処しながら、今年の後半もキッチリと頑張りましょう♪






   ところで、こめだは整体師として『理学整体』を使って身体を治していますが、実はホントは柔道整復師(すなわち“ほねつぎ”)でして、“ほねつぎ”というと、基本は骨折、脱臼、捻挫に特化した治療を生業としていますので、包帯巻いたりするのは得意なんです。



photo:01
亀甲帯。巻けなきゃ“ほねつぎ”にあらず。



   包帯固定の目的、効果とは、骨折、脱臼、捻挫時の患部の安静、保持、損傷した軟部組織(筋肉や靭帯など)の圧迫による回復促進や、漏出した血液など組織液の滞り(浮腫)の防止などです。






   更に適切かつ均一の圧迫包帯を巻くことで、筋肉の張りやムクミがとれるといった、一種のマッサージ効果を謳っているのですが(コレにはちと異論がありますが)、『コルセット』も似たような用途で使用されるのですよ。



photo:02
スギちゃん、大変だったね。



   腰痛の人が『コルセット』をする理由は、医者や接骨院などですすめられたというのもあるでしょうが、ちょっとでも腰に負担がかからない様にするためですよね(腰を保護)?






   特に前かがみになったりする時や反ったりする時に腰痛を起こし易いので、『コルセット』を巻いて自らの体の支えの担保とするわけです。






   いわば、転ばぬ先の杖みたいなものですね(腰周りの筋肉の支えの替わり)☆



photo:03
魔法が使えそうだ☆






   更に言えば、おかしな動きをさせない(運動制限)ようにするためのものだったりします。






   つまり、腰の筋肉に対していかに負担をかけないようにするかが『コルセット』の役割なのです。






   なぜ、包帯を例えで出したかというと、『コルセット』が流通する前は、“サラシ”が『コルセット』がわりだったからですよ。



photo:01
腰痛持ちなのかな?



   さて、この『コルセット』ですが、整形外科や接骨院の中ではワザワザ患者さんの身体の型を取って作る場合が有りますが(しかも値段が高い!)、『理学整体』的考えではこのオーダーメイドコルセットはオススメできません。






   だって、腰痛のある場合、体は壊れてますから、体型は当然傾いたり捻じったりの変な形になっているはずで、それをそのまま固定して定着させたらマズイに決まってるじゃありませんか!






   それに、日によって調子がかわるのですから、体型(壊れ方)も自ずと変動します。






   その場その場でその時の状況に合わせるのが望ましいので、出来れば市販のフニャフニャのフレキシブルなモノの方が良いですよ、それか“サラシ”か。



photo:02
Amazonとかでも売ってますね。



   装着も、臥位で(仰向けで、キツイのであれば膝を立てる)巻く方が、立位や座位で巻くより安定し易いので、その様になさってください。






   ただし、『コルセット』や“サラシ”などを巻いた方がかえって苦しいという方は、装着しない方が良いですよ☆



photo:04
着物の帯は『コルセット』がわりと思うことがシバシバ。



   『コルセット』は治すモノではなく、あくまで補助具なのです。






   最終的には『コルセット』が無くても平気にならないと、「治った」ことにはならないのですから、しっかりと治しましょう?






   『コルセット』に頼る必要のない身体に治したい方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877