.

腰痛診断ガイドラインについて①。 整体 住吉区






   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






   とりあえず、先週末の大阪研修会に行った時の、すんごい“奇抜な”カッコの研修生の服装を載せておこう♪



photo:04
顔バレしない様に“配慮”もしとこう(*^^*)



   最近では、本業が“筆職人”という研修生もお見えになる位で、オモシロ人間たくさんで、楽しく研修会してますよ♪






   ちなみにこめだは日曜日に“朝帰り”しました(研修会場からですヨ?)。



photo:05
ウチの最寄り駅まで帰ってきたら、バス無くて、徒歩で帰宅★



   さて今回は、2013年1月1日の産経新聞朝刊で、社会面にこのような記事が掲載されてましたので、紹介したいと思います。



photo:01
新聞は、毎朝チェック!



『大半の腰痛 ストレス関与』

「初の診療ガイドライン」






   日本整形外科学会と日本腰痛学会の共同発表で、腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占める、との診療ガイドラインをまとめたとあります。






   で、内容を端折りますが、重篤な脊椎疾患の兆候が無い限り、『全ての患者に画像検査をする必要は無い』としており、現在の診療の在り方が変わるとしていますね。



photo:01
多分、“医療費抑制”の方向に舵を切る意図が有りますね★



   この中で、原因が「心理社会的要因」つまり、人間関係やストレスが関与するものを含め、腰痛全体の85%を占めるとしており、コレには認知行動療法などの精神医学療法が有効としています。



photo:02
だとすれば、“リハビリ”なんて要らんっちゅーハナシです!



   この記事に関しては、次回キチンと検証しますが、いや~、在来の診療方針は変わらんと思いますよ?






   このガイドラインって、パッと見て『ザル』ですから★






   何ひとつ新しく解ったことは書いて無いし、整形外科での腰痛診療が変わると判断するのは甘いですよ。






   先ず、「心理社会的要因」により発生した腰痛なのか、それとも「生活習慣病」としての腰痛なのか、何を診て鑑別するのか(そんな手段は無い!)?



photo:03
だから、結局“検査”する★



   もし仮に、「心理社会的要因」による腰痛であったとしたら、カウンセリングを整形外科内に置けば良くなるので、そちらの判断を主とする事は無いでしょう。






   必要性の低い検査を抑制するのが目的なら、思い切って「『外傷性』が疑われる場合や、間欠発痛(常時疼痛がない)の場合は、検査を必要としない」という一文が必要かと思いますね。






   どっちみち、痛みのような症状は施術側にはわかりませんが、もっと客観的な視点で身体を診断して欲しい方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さい??





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877