.

腰痛ヘルニアの手術は成功率が高い?① 整体 住吉区

2014年8月14日 【├椎間板ヘルニア。







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます??






   今日から我が『理学整体こめだ健康院』は通常開院です♪



photo:01
休み中、ヒゲそらんかった!



   昨夜は友人らと酒を呑み、“休暇”気分をやっと味わえたですね♪






   さぁ今年の後半戦、精一杯がんばるゾ☆






   さてこれまで、こめだは当ブログで傷病名についての説明(例えばヘルニアとかの内容)やら、処置、手段の矛盾についてここまで書き散らかしてきたワケです。






   そこで、ソロソロ『手術』についての考え方を、キチンと立場を明確にして述べなければなりません。



photo:07
つぎはぎだらけのブラックジャック☆



   当ブログは、かなり勢いダケに頼って書いてるので、前後のブログと、脈絡が合わない場合が良く有りますが、ソコは何卒ご容赦を★



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
「メス!」「はい!」
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
こちらは内視鏡によるOPEですね。



   ただ、これまでのブログの雰囲気で、「手術は理屈に合わん!!」というのは、伝わったとは思いたい★






   というワケで、今日から『腰痛における手術事情と実態。』というテーマでシリーズで述べてゆきたいと思います(う~ん、整形外科から非難轟々じゃね?)。






   早速ですが皆さん、酷い腰痛や足のシビレ、立ち座り等の動作が困難で、整形外科にかかったときに、医師から「これは手術でしか治らない、すぐに手術の日程を決めましょう!」と言われたらどぉしますか?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
こめだならこうなって固まる。



   これが交通事故とかで意識不明の重体になってて「生死にかかわる」状況であれば、嫌も応もなく(それ以前に意識不明なら返事できんし)即手術になるでしょうが、ヘルニアにせよ狭窄症にせよ、カリエスにせよ、それほど緊急性を要するものではないですから(例外:症状として排尿障害のある場合や脊椎感染症の場合、それでも即時とはならないが)、やっぱり躊躇しますよね?






   仕事のことや家族のこと、家事や行事のスケジュールなど、色々と考えて返事をしようとするのではないでしょうか?






   まして、現状の症状が常に一定ではなく、日によって良かったり悪かったりすれば尚更でしょう。






   それに、仮に手術を選択するとしても、手術の成功率や手術によって症状がどの程度解消するのか、或いは手術による入院日数、費用、保険や補償が下りるのかどうか、リハビリにどの位の期間が必要か、そして手術のリスク、即ち何らかの後遺症が残ることがあるのかどうか・・・・






   実際手術に踏み切るには、上記したことをある程度クリアにしないことには無理ですよね?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
ここぞとばかりに“神頼み”も。



   手術を仄めかされてから、それをしたくない一心で転院を繰り返す方もいれば、慌ててネットなどで他の人の意見や手術経験者の話など調べることも多いと思います。






   中には手術件数や成績、腕の良い医師を探したりする方もよく聞きます。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
エエトコないかな?



   つまり、手術を受ける患者さんというのはそれだけの覚悟をしなければならないということ、裏を返せばそれだけ“危険である”という認識を皆さんがされているということにほかなりません。






   実際、手術は確率が低くとも失敗する可能性があればこそ、術前に『同意書』が必要であり、TVドラマの様には現実は行かないですからね!



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
「私、失敗しませんから!」って、そんなヤツ居るかい??



   さあ、次回からはこれまでにこめだが整形外科や接骨院、そして『酒井健康院』に勤務した“経験”から、腰痛手術の現実について話を進めてゆきたいと思います!






   手術以外の方法が有るなら、是非アドバイスを受けたいって方は、『理学整体こめだ健康院』へご予約・お問い合わせを??





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877