.

腰痛ヘルニアの手術の成功率は高い?③ 整体 大阪市住吉区

2014年8月21日 【├椎間板ヘルニア。






   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます♪






   熱烈オリックスファンの患者さんから、「西武ドームで観戦した!」って事で、東京土産をいただきました♪



photo:01
“ひよこ饅頭”って、東京土産やったんや!



   そうして患者さんに気にして貰うのって、凄く嬉しいですね☆






   ありがたやありがたや(強制しているワケでは無いので、手ぶらで気軽にご来院下さいね)♪






   それでは今回も続きから。






   腰椎椎間板ヘルニアの手術は、成功率自体は盲腸の手術に匹敵する位高いと思いますよ(ただ、実際のデータが示されていないのでわかりませんが。たまに80%の確率とか言ってるのは手術の成功率ではなく、“症状治癒率”を指すみたいですし)。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
これは“盲腸線”。



   しかし現実には手術で“治った”という実感のある患者さんは少ないんじゃないですかね?






   たとえばご近所のうわさ話で「お向かいのご主人が腰の手術をされたらしいんやけど、ちっとも治らへんねんて!だから殆ど外出できへんらしいわよ?」「あらお気の毒やねぇ!」なんて耳にしたことはありませんか?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
なぜに関西弁かは置いといて。



   医者が「手術は成功」という根拠は、腰痛の原因がヘルニアである。⇒画像上、ヘルニアの除去を確認した。⇒成功!!バンザ~イ☆なんですよね。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
バンザ~イ☆



   まぁ手術後にすぐレントゲンやMRIなどは撮りませんが、入院期間中に撮るわけですね(“レーザー手術”の場合は後日)。






   だからあくまで「画像上の成功」であって、症状が消失したかどうかはわからないし、「後は“リハビリ”をしっかりしてください」なんて、手のひらを返すように無関心な感じになるのも「他人の感覚はワカラン」からなんですよ。






   しかし、“レーザー手術”の項でも述べましたが、数年前には既に「ヘルニアは必ずしも腰痛の原因ではない!」と、日本整形外科学会は従来の見解を覆す発表をしてるんですよ?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
取っ払われた“ヘルニアのホルマリン漬け”をお土産に貰う方もいる。



   以前述べた腰痛ガイドライン策定の記事でこめだが「重大な一文が抜けている」と指摘したのはこのことなんですよ??






   こちらは某整形外科のHPに掲載されている記事です。ソースは『週刊文春』。
  ダウン  ダウン  ダウン
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_25.htm







   事実、ヘルニアの出た個所とは関連のない場所に痛みやシビレが出現したり、腰痛の無い人の実に76%にヘルニアが見つかったり(こめだの整形外科勤務時代にもレントゲンやMRI画像はた~くさん診せていただきました♪)、他にも「手術と言われて、結局手術を受けなかった患者さん」を5年後再調査してみると、半分は症状なく治っていたり、更にはノルウェー・オスロ市立病院の調査によって、手術をしてもしなくても、5年後は状態が一緒だという発表まで出されているのです。






   さすがに先ほどの某整形外科のようにHPにこのような文を掲載しているところもありますし、医者によっては「手術しても良くならない」とか、「手術をしてもシビレは取れない」と事前に患者さんに通告するパターンが最近増えてはきたようですので、この傾向は良いことですが、これだけ手術に批判的な資料があるわけですから、前述のガイドラインにも「ヘルニアが腰痛の原因とは限らないのだから、手術をしてはならない」とハッキリ一文を入れるべきなんですよ。






   でないと、これは患者さんに対する不実と捉えられても仕方ないですよ?






   言葉は悪いかもしれませんが、過去にあった薬害エイズ事件みたいなまなざしでこめだは整形外科学会をウオッチしています。






   不確実な手術はしたくないけど、椎間板ヘルニアによる腰痛を何処へ行けば治るのか、わからない方は『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877