.

海外の腰痛に対するガイドラインは、どうなんでしょ? 整体 大阪市住吉区

2014年9月11日 【└雑考。






   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおっはようございまっす??






   “秋”到来、食事が美味くなる季節に、再び入手!



photo:01
ニッカのアップルワイン♪



   ついつい顔がニコニコしてまう☆






   なんか、好きなんだよね、コレ!






   さて今日のテーマは、ここんとこ続きますが、「もぉ飽きた★」なんて言わないで、ガイドラインがらみの記事を『また』述べますので見て行ってくださいな♪






   コレも某整形外科がHPに載せているものです(ここんとこ楽してるのがバレるかな?)。
  ダウン  ダウン  ダウンhttp://www.h7.dion.ne.jp/~sumiyosi/gaido.html







   コレはアメリカの厚生省(正式には“保健省”とかじゃなかったっけ?まぁいいか?)が1994年に策定した『成人の急性腰痛治療ガイドライン』の内容の紹介です。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
おぉ、星条旗と一体化!



   急性ということは、ギックリ腰っていうわけではなく、慢性腰痛にも当然始まりがあるわけですから、要は「腰痛初期のガイドライン」ととらえてくださいね♪






   詳細は上記URLにあるので、ポイントを整理して挙げていきますと………



  △殆どの人が人生で一度は腰痛を経験するほど罹患者は多く(医者に罹る疾患ではカゼに次いで2位)、にもかかわらず大半の患者さんが適切な治療を受けられない。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
腰痛になって一回休み★



  △45歳以下の離職の有力な原因。



  △腰痛にかかる医療費は、休業補償も含めると医療費の3倍(余談ですが、日本の場合、約2兆円かかってまして、健康保険料の財政圧迫の一因です)。



  △腰痛の症状の改善のために売薬するのは、あくまで「症状の緩和」が目的である。



  △抗ウツ剤(心理・社会的要因に対する処方と思われる)は、効果が認められない上、重大な副作用があり、急性腰痛の治療には薦められない。



  △物理療法(冷却、温熱、マッサージ、牽引、超音波、経皮レーザー治療など)は明白な効果が何も確認できない。



  △トリガーポイント、靭帯、後関節への注射、鍼療法の有効性の明白な根拠はない。



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
“ダメだこりゃ”



   などなど・・・






   他にも手術に関する事柄なども載ってますので、興味のある方は上記URLをのぞいてみてください。






   因みにアメリカでは、ヘルニアや腰痛全般に対しての手術はあまり行われないそうです。






   理由は良くわかりませんが、恐らくは“訴訟大国”、つまり成果が出ないとすぐに訴えられちゃうからなんじゃないですかね?



椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
有り得ないようなことでも「訴えてやる!!」



   あの何事にも合理的な国で手術をしないってことは即ち「患者さんの満足度が低い⇒訴えられる」という図式が当てはまるんじゃないかな?






   でもって、訴訟の際には、日本と違って手術が問題なかったか否かを医者の側が証明しなけりゃならないってのも重要ではないですかね(最近日本もそのように変わってきたらしいですが、医療裁判を扱える弁護士が少ないし、費用対効果を考えるとね★)?






   それにしても………






   アメリカのガイドラインの策定は1994年、日本に先立つこと約20年ですよ。






   余所と比較するべきかどうかについては判断しかねますが、皆さんはどぉ思われますか?






   こんなこと、本来整体師ごときが発言することじゃないですよ、こめだも本音を言うと、医者と協調したいんですが、オカシイことをオカシイと言わないとね!






   患者さんは皆素人なんだから、知ってる者が指摘しないと所詮は『白の巨塔』ですものね★






   アメリカのガイドラインを理解し、その他の療法をお考えの方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877