.

施術の種類によって、状態が悪化する場合が有ります。 整体 大阪市住吉区

2014年10月9日 【└雑考。







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






   なんだか急に寒くなりましたな★



photo:04
昨夜は月蝕見たし♪
photo:03
台風の後は普通、蒸し暑くなるんだけど。



   今週末の釣りの予定も、19号の接近により断念、今週末のスケジュールが空いてしまいました★



photo:01
この19号でも無ければ…
photo:02
この19号でも無い。



   何して遊ぶかな…?






   さてつい先日、ウチの患者さんとお話をしていて、患者さんが過去に通院した接骨院の話になりました。



photo:01
接骨院て、こんなかんじ。



   その接骨院は患者さんの地元で、たいそう流行っていたそうで、以前は患者さんのご主人も通院していたらしいです。






   それが縁で、患者さんが具合が悪くなったときに通うようになったそうです。






   そこでは電気(恐らく低周波)や牽引、ホットパックなど、まぁどこの接骨院でもやるような(整形外科でもやってますが)標準的な治療を一通りやったあと、マッサージ的施術(マニュプレーションと言った方が良いかな?)があるのですが、それが患者さんにとっては凄く痛く、苦痛だったそうです(かえって状態がソレで悪化してたらしい)。



photo:02
基本的に“ヘタクソ”なんでしょう。



   で、ある時その接骨院の受付の女性に「先生の治療がとても痛いので、もっと軽くして貰うようお願いしてもらえませんか?」と頼んだらしい。






   その話が柔道整復師に通り、さてそのあとの会話の内容が、こめだが「バカじゃないか?」と毒付くほどで…






   なんて言ったと思います?






   「あなたのご主人にはもっとキツい施術をしましたよ、この程度で『痛い』なんて言っちゃダメだよ」。



photo:03
はぁ?



   こめだはこの柔道整復師の頭の程度が知りたい★






   他人の感覚なんて千差万別で、しかもわかるわけ無いじゃないですか!






   それに、“痛い”感覚って、筋肉の防御的収縮を引き起こします、つまりリラックスさせるつもりがかえって筋緊張(スパズム)させ、状態を悪化させます。






   結局そのときの施術も全く加減されず、それが原因で通院しなくなったらしいです。






   この柔道整復師の言動から察するに、「強い刺激であればある程良く効く(=治る)」と思っているんでしょうね。






   まぁ、程度が低いにも程がありますよ。






   こめだ自身、元々は同じ柔道整復師ですし、柔道整復師全てがそんなアホなヤツではなく、そんなのはごく一部であることは承知しています、が…






   その一部が全体の評価に繋がるのも事実です。



photo:05
“腐ったミカン”は伝播する。



   まして、マニュプレーションにおいては、受者(患者)の感覚を術者(この場合、柔道整復師)が共有するわけではないので、細心の注意が必要なんですよ。






   そんなんだから、たまに背部から圧かけて肋骨折ったり頚部の回旋動作を無理やりして椎体の横突起を折ったりする事故が絶えんのです?






   既にこのブログで整形外科のガイドラインのアホさを指摘しておりますが、柔道整復師の業界もそろそろこの手の事故に対するペナルティとかルールを設定した方が良いのではないですか?






   あっ、それ以前に、骨折、脱臼、捻挫、打撲以外の施術はしちゃいけないんでしたっけ?






   毎日接骨院に通院しているにも関わらず、結果が出なかったり、余計に悪化した方は、是非『理学整体こめだ健康院』までご相談下さい!






理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
ef="tel:06-6606-8877">06-6606-8877