.

時代劇のパターン、“おとっつぁんと娘”って、そんなに普遍的な存在なのか? 整体 大阪市







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはやうございまふ??





   今日は日曜恒例『一の市』…じゃなかった、『どぉでもよい』ブログの日でっせ??



{35D204A8-CD8B-44F1-BBE7-F3128A9210DC:01}

ダイエー、名前消えるね…



   今日ははるか遠方よりブログUP☆



{8DB7193C-B1B0-49BE-B5D0-5E8A44FE8CAE:01}

船!



   何処へ行ったかは、いづれまたブログで報告しちゃおう!






さて、最近でこそ、TVでも時代劇はあまりやらなくなりましたが、一昔前の“遠山の金さん”とか、“大岡越前”とか“水戸黄門”とか“必殺シリーズ”とかで、生活が苦しくて、一番被害を被る悲劇的存在としてポピュラーなパターンが、『病弱なおとっつぁんと、献身的な娘』という組み合わせなんですが、いつも思うんだけど、当時は父娘家庭なんて家族構成が多かったのか?



photo:02

“鬼平犯科帳”には案外無かったりするパターンかも?
photo:01

おとっつぁんが不甲斐ないばかりに、娘が事件に巻き込まれる黄金律!ちゅーか、コレってLINEの…



現代ではどちらかとゆーと、『母子家庭』の方が多いような気がするし、もしかしてそんな資料でもあったのか?ってのが、常々こめだが考えていた疑問なんですよ★






Wikipediaによると、日本の単親家庭数は、母子世帯が122万5,400世帯、父子世帯が17万3,800世帯(いずれも平成15年11月1日現在)となっており、国民生活基礎調査(平成15年6月調査)の全世帯数(4580万世帯)との割合でみると、母子世帯は2.7%、父子世帯は0.4%と、圧倒的に母子家庭なんですよねぇ★






いくら時代が違うとはいえ、人間の絆なんてのは、本質としてそんなに変わらんと思う方なので、コレってかなり特殊なケースなんじゃないかと思うんですが?



photo:03

先におっかぁが亡くなったのかも知らんけど★つーか、何この写真??



つまり、このパターンは、『男の願望』を極端に現したのではないのかな?






もし自分が病で斃れた時、看病して貰うなら…ヤッパ“娘”かな?とは思うので★






それとも、『病弱なおとっつぁんと献身的な娘』の方が、事件に巻き込まれ易いからか?脚本的に“受け”が良いからか?『献身的な息子』では物語にしにくいのかな?






しっかし見事に『病で斃れたおっかさんと息子』のパターンって視たこと無いな!





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877