.

産後のケアで、骨盤の開きを気にされる方へ。 整体 大阪市住吉区







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






   あちこちで“秋祭り”が行われてますね♪



photo:02
関西では、やっぱり“地車”!
photo:03
結構、“幟”が立ってます。



   中には台風絡みで中止になったトコロも有る様ですが、ウチなんか祭りには縁が無いので、羨ましいですね!



photo:04
昨日、帰りしなに、枚岡神社で大量に屋台が出てましたしね!



   さて最近女性、特に出産後の体型を元に戻すため、色々な体操を紹介した本や雑誌、DVDなどたくさんあって、他にもボディスーツや矯正下着やら、まぁ色々と巷にあふれてあるわあるわ!






   Yahoo!の表紙やテキストの宣伝など、あらゆるところにあふれていますが、キャッチコピーで良く使用される「骨盤を締める」とはどういうことかご存知でしょうか?



photo:01
「骨盤ダイエット」とかも言いますよね?



   そもそも骨盤とは、4つの骨から構成され、下の図の様に左右の寛骨と中央にひとつの仙骨、そして尾骨(尻尾の名残ね)から成り立ちます。



photo:02
“恥骨”とか“腸骨”“坐骨”とかは“寛骨”の一部の名称で、独立した骨じゃありません。



   左右の“寛骨”は、前下方の恥骨結合で連結し、“仙骨”とは仙腸関節で連結しますが、これらの関節は解剖学的には殆ど動きません(ただし、「恥骨結合」は、出産時に離開する)。






   よって、関節が離開して骨盤が開く、というワケではないのです。






   前述したダイエットとか下着とかの宣伝文句には、“ポッコリお腹の解消”とか“ヒップアップ”とかも一緒に謳われていますよね?






   この状態を再現することは簡単なんですよ。






   皆さんもちょっとやって見てください。






   先ず、正座で座ってみてください。



photo:01
スパイク履いたまま、正座するってのは、どぉなん?



   で、背中を丸く、骨盤が後ろにもたれる様にして見てください。






   さてその時、お腹(主に下腹部)の状態はどぉなりますか?



photo:03
いや、これはタダの肥え過ぎですが…



   上の写真のオッチャンの様に座る時もそうですが、どうしても下腹部がポッコリしますよね?






   逆に、背筋をピンと伸ばせば、骨盤の高さは上がり、下腹部は凹むでしょう?



photo:04
正座もこんな感じだと、下腹部は出ません。



   つまり、骨盤の後傾と背骨(主に腰椎の後弯)の丸さが骨盤の開いた状態な訳です。






   で、骨盤と背骨は一体となって連動しており、バラバラに作動することはありません。






   ボディスーツのカタログで、骨盤を締める矢印の絵がありますが、その方向に牽引力をつけることは即ち、姿勢を正すことと同一の意味なのです。



photo:05
コレって着用したら苦しくないかな?



   もちろん他の売り文句である「生理痛解消」や「むくみ予防」「新陳代謝の活性化」「美脚(?)」も、姿勢が整うことによって内臓の位置が正しく収まり、正常に働けば当然これらは達成できるワケです。






   ただし、“矯正”されたり“意識”したりするのと“自活”できているのでは大きな差があります。






   妊婦さんの場合、出産時に恥骨結合は離開するので、それがキッカケで下半身が太る事は有るかもしれませんが、どっちかというと産後空いた箇所を埋めようと胃袋(脳が?)が食糧を無尽蔵に欲してしまうからではないかな?






   なんてコトを言うと、女性の皆さんを敵に廻してしまいそうですが、この『姿勢』が骨盤の開き⇒脚の開きにも影響しますし、また矯正具に頼ったり鍛えずとも良い姿勢を取り戻すことは可能です!






   逆に、無闇に鍛えたりしてかえって生理痛やむくみなどを促進してしまうことがあるので、体にそのような徴候が現れたら直ちに中止して下さいね!






   産後の骨盤調整……なんて部分ダケでなく、全身を正しく調整するなら、『理
学整体こめだ健康院』へご予約・お問い合わせ下さいね♪





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877