.

『桃屋』のこの絵のヒトって、モチーフは何なの? 整体 大阪市住吉区







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはやうございまふ??






   今日はG.W連休最終日、相変わらず『どぉでもよい』ブログを飽きもせず見てくださってありがとうございます♪






   これからも、飽き飽きする程続けるかどーか迷ってますが、ネタ有る限りは続けまひょ☆







   ウチは今日から普段通り開院します♪



{9C50085A-FC02-4E2B-8F41-889C3269B580:01}
昨日は、良いドライブコースを見つけた☆



   いやー、藤の花がキレイだったな、でも今日のブログもやっぱり『どぉでもよい』ネタどすぇ♪






   今回のテーマは『桃屋のキャラ』??決してステマで無いコトは、予めご了承下さいまし(こめだは『桃屋』の製品を購入したコトがございません??)★



photo:03
“ごはんですよ!”も、買ったコトは無いな、食べたコトは有るけど。



   必ず出て来る、男も女も、老いも若きも、果ては犬や猫、さらにはマンガのキャラや歴史上の人物にまで、問答無用とばかりにこの“メガネ”を着用させる、この謎キャラ(と、一括りにしてしまいます!)の正体って…






   コレってモデルは“大村崑”さんじゃないの?



photo:02
つーか、会社がそもそも違うんだけど★
photo:01
必ずメガネをかけてるんだけど。
ちゅーか、“著作権”の問題はクリアしてるんかな?
photo:04
コレは…誰なんだ(笑)



   マンマなんだけど、違うの???






   “三木のり平”さんとゆー説も有りますが★



photo:05
こーやって見ると、どっちがどっちかワカラン★



   ちゅーか、“三木のり平”さんは、視たコト無いのでワカランのですが…






   Wikipediaで“三木のり平”を検索すると、「声優として出演した桃屋のアニメーションCMは、1958年の『助六篇』から1998年の『カライ盗ルパン篇』まで40年間放送され、お茶の間に親しまれた。1999年の『大根の運命篇』より、実子で長男の小林のり一が声を担当している。」となっており、なんと実在する人物がモデルだったコトが分かりました!



photo:06
“大村崑”さんじゃなかったのね?



   当時としては、認知度が凄かったんでしょうねぇ、アニメキャラ化させても、本人の個性が『メガネ』ダケでハッキリ分かったワケですから!






   今、日本の俳優やコメディアンで、キャラ化出来る人って居るかね?



photo:07
誰だ、こんなの作ったヤツは??



  こめだの印象では、もはや『桃屋のキャラ』でしかなかったワケですが、コンテンツ不足な昨今なら、もしかしたら『アニメ化』の流れも有るかも知れん??




理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877