.

錯覚しがちなお天気用語。 整体 大阪市住吉区







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはやうございまふ??






   本日は日曜日、いつもの『どぉでもよい』ブログの放出日です☆






   先週からついに、花粉症の症状が酷くなり、こんな格好で通勤してます★



{4AD3D2FE-C8D0-4DDF-BF26-F0F7E75FA36B:01}
怪しい★



   鼻痒いし目痒いし喉痒いし…★






   あと2カ月位は続くんだよね、ヤダなぁ★






   そんなんで、先週水曜日から、毎朝恒例の長居公園サンポしてません。






   そんな辛い花粉症とは全く関係ない、『どぉでもよい』気象のハナシが今日のテーマ♪






   普段のTVやラジオ、ネットの天気予報でよーく使用される用語なんですよ、それはズバリ『降水確率』!






   『降水確率』ってコトは、雨が降るか降らんかの確率をパーセンテージで表わす指標ですよね?



{34CC1524-8A0A-4490-97CD-EAC630281192:01}
数字が大きいと、雨が降る確率が高くなる。



   はい、説明するまでもなく、非常に簡単な概念ですよね?



{F816FD90-98F1-4607-B183-D045A1D12D53:01}
??全くその通り!



   でもね?ついつい錯覚しがちなのが、上の表示の3つ目の、「雨の強さや量」を表わす数字と見てしまう事なんです★






   雨が降るか否かは100か0、つまり二進数なんで、それじゃ都合が悪いってコトで“確率”という形にしたんじゃないかと思うんですが、数字が大きい=メッサ雨降る⇒天気が荒れる、みたいな解釈をしちゃいませんか?






   天気予報時の予報官の言い方にも問題が有ると思うんですよ、「これから昼までの1mm以上降る『降水確率』です」とか言っておいて、今現在既にザンザン雨降ってんのに、なんで100%って表示をしないの?



{C95E34F8-FC50-4AFF-94B1-14E6D3D61068:01}
100%って、見た記憶が無いな★



   だから、この場合の『降水確率』という用語の概念は、6時間中にずーっと休まず降雨した場合が100%で、それ以下は雨の止み間があるコトを示唆しているってコトか???






   なんかイマイチ正確な『降水確率』の用法が読み取れないなぁ、天気予報見る時のストレス★






   ちなみにこめだの子供の頃は、台風の規模の大きさを表わす表現として使われていた「“並”の台風」を「“波”の台風」と意味不明な錯覚をしてましたが(だって“並”なんて言葉、普段使わないんだもん??)、台風の普通って意味がそもそもワカラン★



{2FAA9C76-1E1A-4521-866C-05D0A70BE11A:01}
“並”なんて用語、今や牛丼位にしか使わんのとちゃう?














理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877