.

『筋肉を鍛える』って、どういうこと?② 整体 大阪市住吉区






   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます!






   ウチの仏間には、先週末には既に“ひな人形”が鎮座しております♪



{33308FB9-0459-4298-9BCF-6905DBEFFDA2:01}
毎年恒例☆



   こめだ「…ちと出すのが早すぎるんとちゃう?」

   親「でも、スーパーではもぉ“ひな祭り”の特売スペースあるよ?」



{C97F1FF1-D7DA-4534-8016-8B589DD2B005:01}
確かにあった★



   …全然『春』の気配がしないんだけど(お雛様が寒そう)★






   さて前回からの続き、『筋肉を鍛える』ってのが、厳密には“筋肉の縮む力をつける”ってコトが判明した上で、ボディビルダーが何故“気をつけ!”の体勢が出来ないのか?



{806B7F02-2040-4AC7-85F2-47DBD5F5DBEE:01}
ムダに筋肉をつけて無い、典型な方々。



   答えは簡単、全ての筋肉が“縮む”力が付き過ぎて、“緩む”必要が有る部位の筋肉まで縮んじゃってるから♪



{44CBD8B1-152B-4A6B-81DF-94F1E2810611:01}
シュワちゃん、若っ!



   例えば、上の写真の様に、ダラリと腕を下げると、ボディビルダーは脇が必ず開いちゃいますが、コレは肘関節が伸びないのも含めて、関節の可動域の減少を示唆しています。






   こんな身体で野球とかゴルフとか、なんか自由に動けない印象って有りますよね?



{70C5AC46-2DAA-4D22-B126-CC9C67000B0B:01}
身体がスムーズに回転しそうに無いし。



   身体の動作は、筋肉でもって関節を動かす事により成り立っています。






   その関節を動かす際、筋肉には主動筋と拮抗筋(他に協同筋が有りますが)とに分かれ、“縮む”コトと“緩む”コトを同時に行う事により、関節はスムーズに働き、身体を動作させるのです。コレ常識☆






   例えば正座出来ない患者さんが居たとして、膝関節に骨の変形がない場合は、大腿四頭筋が“緩まない”し、逆に大腿二頭筋が“縮まない”という筋肉の関節に対する『共同運動』が成り立っていないが故に、太ももの前面がツッパル症状が発生するんですね。






   それを、「膝を安定させる」名目で、大腿四頭筋強化運動をさせるのは、アタマがどうかしてるとしか思えない★



{EAF7F648-05F3-4868-8C00-FD792D083B5C:01}
マジメに取り組む患者さんほど、症状が悪化する★



   ちゃんと身体の機能を知った上で、『身体を鍛えなさい』とか、『筋肉を鍛えなさい』とハナシをしているのか?






   筋肉は、強化し過ぎると、今度は“緩みにくく”なります、ボディビルダーの様に。



{E5C31B15-3AA1-4E96-879A-45F1DF150540:01}
脳梗塞の後療で、パワーリハビリすると、屈筋優位で拘縮を起こしやすいのは、そのため★



   そして、筋肉は“縮む”コトと“緩む”コトの両方が出来なきゃハナシになりません★



{19A0BC63-120D-45C2-964D-97BCF614F438:01}
心臓も、『心筋』が伸び縮みするからこそ、ポンプの役割を果たす。



   先日、大阪研修会で、『日本理学整体学会』顧問の小島善詞先生(小島外科胃腸科院長)がやってきて、こんな疑問を投げかけました。
   ダウン   ダウン   ダウン
http://kojima-geka.info






   「なんで整形外科は、『筋肉の異常』に着目せんのやろか?不思議だ」






   ま、今の整形外科で、筋肉の異常っていったら、『筋ジストロフィー』の様な病的なモノ位しか判別する技術がないんですよね★






   そんな方々の言う『筋肉を鍛えなさい』という言葉、マジメに聞き入れちゃうと損しますよ♪

 


   鍛えないで体を良くしたい方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪




理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877