.

自律神経失調症を防ぐために。 整体 大阪市住吉区

2015年6月23日 【└雑考。







   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます!






   ナビが直った♪



{949CE387-32FC-433A-9871-6DE2E452F261:01}
おぉ、フツーに動く☆



   友人の大阪市で八洲自動車という自動車工場を営む原君に、わざわざウチまで来て貰って、修理して貰いました♪






   ナゾの『バッテリー充電不足』という、点いたり消えたりを繰り返す動作不良に悩まされてきたのですが、原因は本体ではなく、電気回線の“断線”だったようで、やっぱり“もちは餅屋”に任せて良かった♪






   根本が直らんと、問題解決にはならんもんね、『バッテリー充電不足』だからって、本体のみに充電したって意味無いし、やっぱり原因を突き止めなきゃ、我々の仕事と一緒だなぁ☆






   さて、今日のテーマは、『自律神経失調症を防ぐために』どうすれば良いのか?






   このブログをご覧になっている方なら、なんとなく『自律神経』とやらがどんなものかは分かっていらっしゃるとはおもいますが、一応WikipediaのURLを貼っておきますね☆
ダウン ダウン ダウン
自律神経Wikipedia






   簡単に言うと、心臓は寝ている間にも動いているじゃないですか?



photo:03
どこで寝ようが、心臓は起きて働いてますよ!



   アレは無意識に動いているのであって、自分で意識して動かしているワケではないですよね?






   そぉいう“自律的”に臓器を支配する神経を“自律神経”といい、主に内臓系の活動の指揮をとるんですね。






   例えば心臓の心拍が早くなったり遅くなったりするのも、自律神経内の“交感神経”と“副交感神経”がアクセルとブレーキの役目を果たして、体の状況にあわせて勝手にコントロールしているワケです。



photo:04
環境の影響も受けるし。



   そのコントロールが狂ってしまい、特に何かしたワケでもないのに動悸に苦しめられたり、逆に朝起床時に血圧が上がらず起きられないなど、“自律的”にコントロールが為されていない場合を『自律神経失調症』というんですね。






   で、“自律神経”という事象を理解して居られる方がこのブログのタイトル見たら、「そもそも“自律=他からの支配、制約を受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動する”神経なので、コントロールなんか出来るワケ無いやん!」となると思います。






   はい、こめだもその意見に賛成なんですが、一方で「全然出来ないワケでは無い」とも思ってまして、例えば『深呼吸』するとドキドキしていたのが落ち着くとかあるじゃないですか?



photo:05
こんなベッピンさんに見つめられてもドキドキするし☆



   “自律神経”って「心理」とかも作用するのですが、呼吸のスピードとかはある程度自分で意識できるので、それでコントロール出来るんじゃないかと考えているんですよ。



{182B2CB0-B899-4050-B6ED-BA55BE27197B:01}
最近、読み直しています♪



   この『免疫革命』という本の命題は、“帯”に書いてある通り“ガン”に対するモノがメインなんですが、自律神経のバランス(交感神経も、副交感神経も、どちらかに偏った状態では、あらゆる病気を惹起する原因になりかねないと警告しており、そのメカニズムについては、『理学整体』の身体の診方と通じるモノがあります。






   で、先程の『深呼吸すればドキドキが落ち着く』というのは、心理的な意味も含まれてはいるのですが、その“深呼吸”がちゃんと出来るかどうか?というトコロが、実は『理学整体』のいう“身体の壊れ方”と深く関係してくるのです☆



{F181DACD-EC2C-4337-9ED7-B4DEF2FC544A:01}
こちらの姿勢の違いを、良くご覧下さい♪



   右の姿勢の様に、肩が前方に巻いた状態になると、肺が圧迫され、肺活量は低下します、従って、たとえ“深呼吸”しようとしても、『肩で息をする』様な格好になり、当然入る呼吸量は低下し、普通の状態ならば呼吸が浅くなり、どうしても“交感
神経優位”な状態、すなわち『自律神経失調症』に陥りやすいのです★
   





   実際、姿勢の悪い患者さんには、腰痛や肩コリ、膝痛といった整形外科的な症状に加えて、便秘や下痢、冷え性、めまい、冷や汗をかいたり、動悸や息切れ、立ちくらみ、不眠といった、『自律神経失調症』の典型的な症状が併せて発症しているコトがよく有ります。



{BB33236B-6A9E-4EFE-B137-938113485D2F:01}
考えてみりゃ、『救心』は一時的な“副交感神経亢進誘導薬”だナ。



   なので、来院動機である腰痛や肩コリ、膝痛が改善するのと前後して、動悸が治ったり、胃腸の調子が良くなったり、冷え性やめまい、息切れなどが改善されます☆






   こうした症状は、どちらが『卵』か『ニワトリ』かは関係無く、どちらの症状も無くならなければ意味が無いし、それぞれ補完関係に有るので、『理学整体』で言う“身体の壊れ方”を治す上での“目安”ともなります!



{166BE263-2442-49B1-AE6C-DF643FEE8106:01}
『ニワトリ』が居なきゃ『卵』も無いし…



   先程の、ベッピンさんを見てドキドキする(つまり、心理的な理由が原因)のは関係無く、『自律神経失調症』に苦しんでいる方は、普段の姿勢が他人の目から見ると、とんでもなく悪い場合が多いんですよ?






   というワケで、薬を用いて『自律神経失調症』の症状を抑えてはいるが、いい加減薬を辞めたい、もしくは『自律神経失調症』を根本から変えたいって方は、『理学整体こめだ健康院』にご予約・お問い合わせ下さいね☆





理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877