.

『五十肩』を治すのに、運動は必要ない。 整体 大阪市住吉区

2015年6月30日 【└雑考。






   大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆






   ちょっと前に、スーパーでこんなの見つけちゃったんだけど。



{0D6C9641-63AC-4507-8144-B24468232BFE:01}
魔法の…粉?



   コレ、中身はもしかして“ハイ○ー”とか“○の素”とかかな?






   以前、近頃のラーメン屋のラーメンは、かなーり化学調味料をどっさり入れるなんて記事を読んだコトが有るんだけど、コレ、害あるんじゃないかなぁ?






   ホントかどうか知らんけど、良く料理人が、化学調味料使いすぎで、味覚が無くなったってハナシを聞くけど…なんかヤバそうな気がする★






   さて本題、こめだも今年42歳になり、ぼちぼち「来るかなぁ?」などとちょっぴり気になるお年頃の『五十肩』ですが、同じよぉな「四十肩」も含めて実際には俗称で、正式な傷病名は『肩関節周囲炎』と言います。



photo:02
動かなくなるので、“凍結肩甲”とも言う。



   何故こんな俗称が一般化したのか、簡単な話で、40歳~50歳台に多く発症し易いからですね☆






   で、病態としては、肩関節の腱板付近(主にローデータ・カフのコトを指す)の炎症で、原因は不明(オーバーユース=使い過ぎでも無い)、炎症の結果として関節包や滑液包の癒着や石灰沈着(カルシウム成分が関節に癒着する)に伴う運動痛や運動制限、夜間痛、酷くなると常時痛みに悩まされる場合もあります。



photo:03
肩関節の解剖概略図。石灰沈着は“~結石”みたいなモノです。



   運動制限をより具体的に言うと、服が一人で着れないとか、洗濯物が干せない、頭を洗えないなど、かなり日常生活に負担がかかり、酷くなると「腕の置き場がない」という方も居て、本人にとっては相当深刻になります(こめだはなった事が無いのでワカランですが、中には腕を取っぱらってというヒトも居ます★)。



photo:04
君達は“撫で肩”だし、“手”が挙がらんなんて聞かないね。
あ、“前脚”か?



   コレが不思議なことに、罹患期間があって、個人差が有りますが、長くて3年、短ければ3ヶ月で症状が治まり、勝手に治っちゃうことが多いんですよ(痛みの無い可動制限が残る場合がありますが)。






   あと、困ったことに、前述の様に「原因不明」なので、予防しようにも対策がたてようが無い(だいたい“炎症”がそんなに長引く意味がワカラン★)。



photo:01
無策…拉致問題も、早く解決して欲しい??



   つまり、しっかり運動してたって、あるいはあまりムリをせず、大事にしてたって、なるヒトはなるし、ならないヒトはなりません。






   結構ポピュラーなワリに良くわかってない病気なんですね★



photo:05
痛みや動きのパターンも多様。



   さてそこで、『理学整体』では『五十肩』の患者さんをどぉ扱うのか?






   我が『理学整体こめだ健康院』にも五十肩の患者さんはおられますからね!






   先ず前提として、「五十肩は治らないし、勝手に治るよ!」とイキナリ宣言?






「ただし、『理学整体』の手技で整体すれば、今より肩は動き易くなるし、痛みはその分楽になると思うよ☆」と付け加えますね。






   実際、運動制限や動作痛はその場で改善が確認できますし、痛みや可動制限が少なくなれば、日常生活における負担も少なくなり、症状の早期解決には貢献出来ますからね♪






   逆に、『理学整体の手技』により、問題解決が早くなれば、『五十肩』の発症原因は体の壊れ方が影響するのではないか、との仮説も立てることができますが…



photo:07
「仮説」と「実証」のヒト。



   『五十肩』をメインにやってるワケでは無いので、その辺りはよく分かりません。






   ただ、『五十肩』の患者さんが一生懸命にコッドマン体操(=アイロン運動)したり、滑車運動したり、痛くてもガマンして動かすと、大概悪化するので、やるとしても痛みを感じない程度で、むしろ安静にしている方が治り易いですよ。



{E60CFF33-D3E3-430E-BEE4-1C36528E3A6D:01}
コレね。



   ここで、「動かさなかったら固まる」と、患者さんは普通に反論するし、事実医療従事者もその様に主張しますが、じゃあ『炎症(つまり内出血ね♪)』が起こっている箇所を痛みが有るのにグチャグチャ動かして、早く治るという統計やエビデンスが有るのかと、逆に問いたい!






   それに、石灰沈着なんか動かして消えるもんなの?







   ハッキリ言って、患者さん本人が動かす「自動運動」より、我々が痛みの無い範囲で動かす「他動運動」の方が、肩関節の可動域は広くなります。



{BC0F277B-0971-437A-8FA8-BF4A477A547B:01}
なぜ石灰化するかは原因不明★



   ただ、『五十肩』は直ぐに結果が出るものでは無く、長期戦の覚悟が必要です。



photo:10
尖閣も竹島も北方領土も“持久戦”。



   目先の事象に一喜一憂すると、つかれてしまうので、長い目で予後を見てゆく必要がありますね!






   それでも、割と良い結果が出易いので、速やかに『五十肩』を何とかしたい方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいね♪






理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
        水・土     9:00~15:00
 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)


ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877