.

“ゼンソク”が軽くなったらしい! 整体 大阪市住吉区

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☀︎

 

 

 

 

 

さて今回もウチの患者さんからの自己申告で、テーマの通り“ゼンソク”がウチに通院し始めてから、例年より軽くなった、というお話しです。

 

 

 

 

 

 

残念なのは、“ゼンソク”が『治った』のではないってトコなんですが…まぁ完治は難しいですよ★

 

 

 

 

 

 



そもそも“ゼンソク”とは何ぞや?てなコトで、詳しくは以下のサイトを参照していただくとわかり易いかな?

 

http://m.naruhodo-zensoku.com/smartphone/zensoku/

 

 

 

image
別のサイトから図を引用しました!

 

 

端折って説明すると、“ゼンソク”の方はホコリやハウスダスト、カビ、花粉といったアレルゲンを吸い込むことで、気管・気管支が炎症を起こし、平滑筋が収縮して狭くなり、呼吸がしにくくなる病気です。

 

 

 

 

 

 

症状は、季節の変わり目に起こりやすく、とりわけ夜間に好発し易いのですが、解剖生理学を履修している方なら、気管・気管支が交感神経優位で拡張し、逆に副交感神経優位で収縮するコトはご存知のハズで、故にのんびりしている時…すなわち夜間に発症し易いのは理屈に合いますね☆

 

 

 

image
花粉症で鼻水が出まくって、鼻が詰まるのも、同じですね!

 

 

 

つまり、花粉やカビ・ハウスダストといったアレルゲンを全面的にシャットアウトするコトは困難なので、“ゼンソク”自体は完治はしにくく、故にインタールなどの薬剤は、なかなか手放せはしないと思われます、が…

 

 

 

 

 

 

自律神経をある程度正常化するだけでも、“ゼンソク”の程度を下げるコトは可能なハズですよね?環境にもよりますが、「昔はこんなに酷くなかった」とか、「日によって違う」などという方は、“ゼンソク”の症状が軽くなる様に誘導できるハズです♪

 

 

 

 

 

 

そして、さらにもう一点‼︎身体の壊れ方(姿勢)を正すのも、相当に“ゼンソク”の症状を改善するのに役立ちます☆どういうコトか?

 

 

 

image
肩・首の状態に注目!

 

 

 

上の図の様に、姿勢が悪いと肩が巻いてしまい、顎が上がります…という状態は、気管が引っ張られ、その分気管の内径は細くなります!

 

 

 

 

 

 

このブログをご覧の方々には、ちょっとやってみて欲しいのですが、例えば姿勢を正した状態と、背中を丸くした状態で、発声をしてみて下さい。

 

 

 

image
良い発声には、姿勢が大事☆

 

 

 

恐らく、声の出方に違いがあるハズです♪

 

 

 

 

 

 

つまり、声帯を含む気管・気管支の空気の通りをよくするには、姿勢がかなり重要であるというコトなんですよ!

 

 

 

 

 

 

まとめとして、『理学整体』の手技は、自律神経を整え、さらに気管・気管支の状態を、空気が通り易い状態に整えるという、2つのコトを同時に達成出来るが故に、この患者さんの“ゼンソク”はマシになった、というコトですね♪

 

 

 

 

 

 

この様に、『理学整体』の手技は、意外な症状にも対応出来ますので、もし現在“ゼンソク”の症状を軽くしたいという方は、ぜひご相談下さいね!

 

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877