.

谷垣禎一氏の病態の推測。 整体 大阪市住吉区



 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☀︎

 

 

 

最近、ウチはなんだか多国籍気味で、ちょっと前には患者さん宅にホームステイしているフランス人2人が来院(施術はしてないよ?)、今は患者さんの孫のオーストリアのハーフ2人を施術したり…他の患者さんからも、中国やポーランドから子や孫達が帰って来るといった話もやたら聞くし(以前からカンボジアから帰ってきた患者さんとか、モンゴル出張する患者さんとか居たけど)、色んな話を聞けて良いなぁ♪

 

 

 

さて先日、自民党幹事長の谷垣禎一氏が、趣味の自転車で落車して、頚椎を損傷、当初は軽症である旨を強調していましたが、実は手術までしていた、というニュースが流れました。

 

 

image
好きだったんやねぇ。

 

 

…で、党務復帰の目処が立たず、幹事長職の交代というコトになってしまいましたが、一体どういう病態なんでしょうか?

 

 

 

恐らく、自転車から落車して頚椎損傷…手術まで行う時点で、『脊髄損傷』で、首から下が不随なんでしょうね。

 

 

 

情報が少ないので、あくまで予測の域を出ないのですが、下手をすると、自発呼吸すら出来ない状態なのかも知れません(頚椎2〜4が横隔神経の出処なので)。

 

 

image
呼吸中枢。シャックリに関連します。

 

 

先週のブログでも、群馬大学病院での頚椎手術により自発呼吸出来ない症例を紹介しましたが、頚椎の場合、損傷箇所によってかなり状態は変わってくるので、C7付近ならまだ手は動かせると思いますが(握力は相当落ちるでしょうが)、寝たきりなんかになると、ちょっと辛いですね…

 

 

 

以前、なにかで調べたところ、首つりで死ぬ死因は、ロープが締まったコトによる呼吸不全ではなく、第2頚椎(軸椎とも言う)歯突起が折れたことによる脊髄損傷、らしいのですが(こめだ的には疑問ですが★)、いづれにせよ、ほぼ“脊髄損傷”とみて間違いなさそうです。

 

 

image
環椎(第一頚椎)と、軸椎(第二頚椎)の図。

 

 

あるいは西田敏行氏の様に復活するかもしれませんが、頚椎の損傷は、手術をしてもリスクがあるし、手術をしても症状が好転しない場合も多いですね。

 

 

 

ゲームみたいに“お試し”でやってみて、ダメだったらリセット出来れば良いのですが、この世界は残念ながらコンティニュー出来ないので…

 

 

image
あ、ちょっ、やめ…‼︎

 

 

ちなみに、こめだが岐阜の酒井会長の健康院で経験した、頚椎手術を受けてダメだった患者さんのハナシなんですが、その患者さんの娘さん(看護師さん‼︎)から「お父さん、絶対手術したらダメだよ‼︎」と、さんざん念押しされていながら、頚椎手術をして、症状が変わらなくて、定期検査で執刀医としたハナシが…

 

 

 

患者さん「先生、全然変わらんのですが」

執刀医「おぉ、手術痕はキレイに治っとる!」

患者さん「いや、手のシビレとか、手術前と変わっとらんのだけど★」

執刀医「まぁ、首は難しいからなぁ…」

 

 

 

で終わりだったという、まるでコントみたいなホントのハナシでした(事前にリスクのハナシも無かったみたいだし★)。

 

 

 

頚椎手術も怖いし、頚椎の症状は難しいので、皆さん気をつけて下さいね?

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877