.

77歳怪力女性は、変形性膝関節症で膝が痛い★ 整体 大阪市住吉区

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☀

 

 

 

今年一年、拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます☆

 

 

 

今年の更新は今日が最後です、来年は4日、いつもの水曜日に更新予定(休暇なので忘れそう★)ですので、ヨロシクお願いします☆

 

 

 

さて、今日も症例報告なんですが、これまた最近来院された方で、両膝関節の変形性関節症で、歩くのが大変なおばあさんなんです。

 

 

img_2083
診た限り、一番右までは至ってはいないけど。

 

 

やはり整形外科や接骨院に通院していたんですが、電気や温熱、湿布に終始、整形外科ではシツコク人工関節の手術を勧められていて、ソレが絶対に嫌なので、かなり遠いウチまで通院してきてます。

 

 

 

まぁ当然ですが、「歳のせい」とのありがたい診断を受けています…この方は痛くて動かないのは右ダケなんですがね★

 

 

 

で、施術を施しているのですが、この方実はメチャクチャ力が有りまして、こめだが操作しようとしても、自分で先回りして動かす&膝や股関節が力入り過ぎて動かねぇ★

 

 

img_2084
脚を持ち上げようとすると、だいたいこれ位の角度で止まって、手を放しても、そのまんま維持しちゃう★

 

 

コレ、皆さんやってみたら分かると思うんですが、相当力が無いと出来ませんよ?

 

 

 

聞けば家業が農家で、昔から力仕事をしていたので、今でも力が有り余っているとのこと(ご主人の談)。

 

 

img_1726
ある程度は機械化されたとは言え、やはり今でも重労働だよね?

 

 

先ほどの脚を挙げたまま降ろさないのなんか、MMT(徒手筋力テスト)なら評価は5、つまりnormalですよ‼︎大腿四頭筋(腸腰筋もか)強ぇ‼︎

 

 

 

…つまり、ココでこめだが強調したいのは、この方の膝の骨の変形や痛みは、力が衰えたのが原因では無いというコトなんです。

 

 

 

よく、変形性膝関節症の患者さんに対しては、大腿四頭筋訓練とかして、筋力強化をリハビリメニューで行いますが、力が衰えた結果として痛みや骨の変形が惹起されたのならともかく、充分に力が有るのに、ソレ以上鍛える(プロスポーツ選手並みに⁈)コトに意味は100%無いんですよ💀

 

 

img_2085
一般的な四頭筋訓練法。

 

 

変形性関節症って、膝でも股関節でも、要するにドアの蝶番(ヒンジ)が変形した状態で、つまりタテツケが悪いからドアの開閉がし難くなってる状態です。

 

 

img_2086
タテツケが悪い状態で開閉するから、余計に蝶番(ヒンジ)が変形する。

 

 

つまり、ドアの開閉がし難いからって、更に今までより力を強化して、無理やりドアの開閉をしようってのが、リハビリの臨床に於ける考え方になるワケですよ…だから、真面目にリハビリに取り組む患者さんほど、治りが悪い、どころか余計に悪化し易い★

 

 

 

だから、順序としては、先ずタテツケ(関節の組み合わせ)の改善が最優先で、筋力など最後の最後、この患者さんの場合だと、筋力強化なぞ必要無い(寧ろ余ってる)位です。

 

 

 

「運動不足」と言われると、誰しもが心当たりがあるかと思います…が、膝の曲げ伸ばしくらいなら、力などさほど必要では有りません。

 

 

 

力の強弱と関節の変形には、直接の因果関係が無いからです…ただ、主動筋と拮抗筋が正しく伸縮してないから、タテツケが悪くなり、関節の組み合わせが悪化して摩擦係数が上がり、軟骨の修復が追いつかなくなって、変形が促進されるので、筋肉に対してアプローチするコト自体は間違いではないんです。

 

 

 

つまり、整理すると筋肉の『力』の強弱ではなく、『機能』として正しく作用するかしないか、なのです。

 

 

 

心臓に例えると、心筋という筋肉ですが、具合が悪くなったからって、心筋を鍛えるコトはせず、むしろ負担を軽くして回復を待つでしょ?コレと一緒で、心筋の『力』の強弱ではなく、『機能』として正しく作用させる様に回復させるのが、正解なんですよ。

 

 

 

…さて、少々ハナシが脱線しましたが、件の患者さんは、力が強過ぎ、しかも無意識でバキバキに力が入るので、そこからしてオカシイので、ちょっと治すのにヒマかかりますが、腰や肩などの辺縁の症状が改善され、本人もソレを自覚されているので、もーちょい‼︎

 

 

 

来年もしっかり施術して、早く治しちゃいましょう♪

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877