.

“チック”発症で、肩コリが酷い女性への対応。 整体 大阪市住吉区

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます🌞

 

 

 

今日は症例報告、これまた最近来院された若年女性のご紹介なんですが、フェイクが混じっているので(特定されるのは嫌なので)、あらかじめご了承下さいね?

 

 

 

去年12月に、年初から“チック”の症状に悩む小学生の女の子が来院しました。

 

 

img_2129
小児科など複数の医療機関で診断されたそうです。

 

 

“チック症”とは何か?いつめならWikipedia先生から引用するんだけど、そちらはあんまり詳しい記載が無いから、下のアドレスから引用すると…

 

 

http://sp.skincare-univ.com/article/011526/

 

 

『頻繁なまばたきや首振り、発声などの症状が現れるチック症。3~4歳の対人関係が不器用である、不安やストレスを感じやすい、緊張を感じやすいなどデリケートな子どもに発症しやすいという見解があります。』

 

 

 

要するに、大人に於ける“ジストニア”とほぼ同様で、発症原因は不明で、恐らくは精神的なストレスによるもの…なんでしょう。

 

 

img_2130
顔や手などの不随意運動を伴うのも、同様。

 

 

ただ、“パーキンソン病”とは違って、一過性のものとされてはいます、恐らく(でもイマイチ定義がハッキリしない★)。

 

 

 

来院した女の子にも、やはり顔や肩、手の不随意運動が突発的に起こるらしい。

 

 

 

あと、肩コリや脚のこむら返りが頻発、血行が悪く、寝苦しいとのこと。

 

 

 

実際に姿勢を診てみると、両肩が前に巻き、背中が丸く、頭が下を向く状態で、まぁとにかく姿勢が悪い★

 

 

 

なので、「“チック”の症状が治るかどうかはワカラナイけど、首・肩まわりの筋肉の緊張がかなりあるから、疲れていると思います。まず、疲労が溜まらないように、本来あるべき状態に戻して回復を図りましょう」と提案して、『理学整体』の普段の手技を行いました。結果…

 

 

 

次の日に2回目来院したんですが、付き添いの母親曰く、「いつも寝る前に咳き込んで、なかなか寝付けなかったのに、昨夜はスッと寝付いたし、昨日の帰り道から本人が『凄い楽♪』だと話してましたよ!」☆

 

 

 

確かに背中の丸さも少なくなり、肩の巻きか軽くなってるから、肩から首への僧帽筋や肩甲挙筋、胸鎖乳突筋、板状筋は緊張が緩和してますね♪

 

 

 

その次の3回目来院時には、“チック”の症状はほぼ解消しちゃった様で(まだ背中は完全に伸びてないけど)、本人的に、血行が良くなり、身体がポカポカ暖かくなって来たとのことでした☆

 

 

img_2144
ポカポカで画像検索すると、何故かこんなんばっか出てくるんですが⁈

 

 

ウチでの術後に、身体がポカポカ温まる方は多い(あくまで患者さんの自己申告ですが)ですからね?足がよくつるのもその現れと言えますし、やはり身体の壊れ方が、これまでの不調と確実に関係していたコトが良くわかりますね‼︎

 

 

 

まぁ、そもそも“チック”は筋肉の不随意運動なので、筋肉に何か問題が有るのは、医療関係者なら誰だって判るコトです、問題は、現在ある検査技術では、その筋肉を調べたところで、何ら異常が出ない、もっと言えば、そもそも筋肉を調べる技術が確立してないってコトなんです。

 

 

 

だから、小児科や整形外科など、だいたい色んなトコにかかられても、対処の手段が無い…そらメカニズムがよくワカランから、「精神的なモノ」由来にしてるからね…そーなると、極端なハナシ、『本人の心の持ち方次第‼︎』ってコトになります。

 

 

 

でも、筋肉の伸縮異常なら、身体の形や動きを見れば分かるんですけどね?

 

 

 

というコトで、こめだにとってはなかなか面白い症例の体験でした☆

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877