.

圧迫骨折を知らずに、腰痛対策で歩きまくった結果★ 整体 大阪市住吉区

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

あるところに慢性腰痛の方がおられました。

 

 

 

ある日、ちょっとクシャミをしたら、ピリッといつもとは違う腰の痛みが出てきました。

 

 


変身したワケではない。

 

 

「あ〜、運動不足だから、腰が弱ってるんだ!」と、その方は考え、それから毎日一生懸命歩いたそうです。

 

 

 

ところが腰痛は治るどころか、そのうち歩くコトすらやっと出来る位にまでどんどん悪化してゆきました。

 

 

 

その方は心配になって、整形外科で検査をしました。すると…「腰椎が圧迫骨折してますよ」と、言われたそうです★

 

 


“クシャミ一発で圧迫骨折”ってのは、高齢になると、割とポピュラーなんです。

 

 

…以上は、ウチに通院する患者さんの知り合いの実際あったハナシだそーです。

 

 

 

まぁ、ココから得られる教訓は、『素人考えケガの元』なんですが、ウチも似たよーなコトが有りまして、あまりの痛がり方に「コレ、骨折してんじゃねーの?」と聞いたんだけど、整形外科でレントゲン撮って、骨折は無いと言われ、施術したら確かに動けるよーになるんだよね…で、次来るとやっぱり痛くて動けない★

 

 

 

特定の圧痛も無いから、うーむやっぱり折れてないのか、と、施術すると、またまた動けるまでにはなるんだけど、ご本人が不審に思って別の整形外科でレントゲン撮ったら、「腰椎、折れてますね♪」ってコトが有りました★

 

 


“分離症”も、骨折にカテゴライズされて然るべき、と思うんだけど?

 

 

最近も、コケて肋骨を骨折した患者さんがおられましたが、腰椎や肋骨の骨折だと、安静以外に回復させる方法は無いですからね?そもそも固定出来ないし(陥没骨折だと要手術ですが)。

 

 


固定具だって、安静を図る為の“防具”であって、“治具”じゃないし。

 

 

運動して悪化する例は、これまで当ブログにて既出なので、今回はあえて書きませんが(長くなるので★)、今回のこのブログでこめだが強調したいのは、「痛くなったら安静にして回復を図るのが、悪化するリスクが圧倒的に少ない」ってコトなんです。

 

 

 

結構、「鍛えた方が良いですよね?」なんて聞かれるコトが多いのですが(何もするな!と、毎回話しているにも関わらず)、開き直って「じゃあ○○筋と○○筋と○○筋と○○筋を縮めて、○○筋て○○筋と○○筋と○○筋を緩めるトレーニングをやってみな!」と支持すると、「え?ソレってどぉすれば良いのですか?」ってなります。そらワカランよね★

 

 


それ以前に、脊柱起立筋や腹直筋なんて、左右で使い分け出来んよね?

 

 

ウチに来る患者さんには、筋肉って連動するから、一つの筋肉ダケ鍛えるとか難しいし、伸びて縮みにくい筋肉と縮んで伸びにくい筋肉をちゃんと伸縮するようにするコトと、いわゆる“鍛える(即ち、筋力をつける=収縮する力をつける💪)”は、発想からして違う旨、嫌という程しつこく話しているので、皆さん理解してくれて運動とかしませんが、運動ってのは実は“骨折”みたいなリスクの場合もあるよってコトを理解した上で、皆さんやらない様にして下さいね♪

 

 

 

あ、そうそう、腰椎圧迫骨折は、安静にしてほっとくしか治る方法はありません★『理学整体』では、痛みは軽減しますが、骨はくっつくまで時間が必要なので、あしからず☆

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877