.

スパイクが打てない女子中学選手‼︎ 整体 大阪市住吉区

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

先日、新患さんで、股関節に痛みのある女子中学生が来院しました☆

 

 

 

で、お母さんからは、“歩き方が悪い”という指摘と共に、“バレーボールでスパイクが打てない”という相談を受けたんですよ(そーゆーのって、何で直接話してくれないのかな?あ、こめだがカッコイイから恥ずかしいのかな\(//∇//)\???ンな訳ゃないか★)。

 

 


こんなスポーツ、俺よーせんわ★

 

 

で、色々と試行錯誤してるんだけど、思う通りの結果が出てないそうなんです。

 

 

 

で、こめだがその女子中学生の背中を見て、「そらスパイク打てんよコレじゃ。猫パンチにしかならんやろ?」

 

 


爪が出てると、被害甚大★

 

 

付き添いの親御さん「そーなんですよ、わかります?」わからいでか(笑)

 

 

 

人間の肩関節は、挙上時に、3相に分かれるのは、解剖学で明らかになってます。

 

 


肩関節挙上動作。

 

 

基本肢位からの第1相は、0°〜60°、この際、大胸筋(鎖骨部)・三角筋前部・烏口腕筋・補助的に上腕二頭筋が働きます。

 

第2相は、60°〜120°、この動きから肩甲骨が上方回旋をし始め、鎖骨が回転します。この時、僧帽筋(上部線維)・前鋸筋(下部線維)が働きます。

 

最後の第3相で、実は姿勢に大きく関与する脊柱起立筋が、それも挙上する腕とは反対側の脊柱起立筋が働きます。

 

 

皆さん、敢えて背中を丸くして、バンザイして見て下さい。

 

 


コレは見事なバンにゃいですね♪

 

 

両手は真上に挙がらないでしょ?

 

 

 

バレーボールのスパイクや、野球の投球フォームも同じですが、手が挙がらないってコトは、テイクバックが取れないってコトなんですよ、ゆえに“猫パンチ”になるワケです☆

 

 

 

つまり、その女子中学生は、背中が丸く、実際に仰臥位で挙上検査してみると、上腕が90°以上挙がらない…コレじゃスパイク打てませんよ。

 

 

 

弓を想像して貰えると分かりやすいかな?引き絞る力があればこそ、矢は遠くまで飛ばせるワケで、テイクバックが少なけりゃ、前に飛ばないよね☆

 

 


弓道とて、『型』が問われます…つまり、姿勢が重要なんですね♪

 

 

どんなスポーツにも言えるコトですが、へっぴり腰では上達するどころか、ケガの原因にすらなります…この女子中学生の主訴が股関節にあるのも、壊れた身体でバレーしてるのが遠因かもね?

 

 

 

『理学整体』では、この様に身体の“壊れ方”を調べ、コレを正すコトにより、身体を正常に働かせる、つまり“機能”と“構造”の異常を初期化する整体術です。

 

 

 

同様の悩みをお持ちの方で、スポーツの成績を向上させたい方は、ぜひ一度体験して見て下さいね♪

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877