.

接骨院に行くと、当日はほぐれるけど、翌朝バリバリになるんです★ 整体 大阪市住吉区

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☀

 

 

 

先日、肩・首・腰の痛みで来院された新患さんから、「これまで5年ほど接骨院に通院していたんですが、施術して貰った当日はほぐれるんですが、翌朝起きたら身体がバリバリに戻るんですよ…やっぱりマッサージは所詮、“対症療法”ですよね?」と質問されました。

 

 

 

うん、その感想は間違っていません☆

 

 

 

こめだも元々は柔道整復師、つまり接骨院を開院出来る資格持ちで、実際勤務していたので、おっしゃる意味が良くわかりますよ♪

 

 


出身の“行岡整復専門学校”、いつの間にか天六に戻ってて驚く☆

 

 

先ず、大事なコトですが、接骨院にマッサージが上手いヤツは殆ど居ません‼︎

 

 

 

つーか、マッサージは別の国家資格『あんま・マッサージ師』が施術出来る資格で、その訓練を柔道整復師は受けていないんだから、上手いワケが無い★

 

 


“あんま”は遠心性、“マッサージ”は求心性に作用させる、との区別があります。

 

 

「資格がなくても、練習すれば上手くなるんじゃないの?」という疑問も、確かにちゃんと練習すればモノになるかもしれません、が…いまの接骨院を取り巻く環境から、ソレはまず期待しない方が良いかと思います。

 

 

 

というのも、最近は接骨院のグループ化が物凄いスピードで進行してまして、そーゆートコは“資格持ち”が“雇われ”て、“歩合”とかで給料を貰っているパターンです(必ずしも、全てがそうとは限りませんが★)。

 

 

 

すなわち、『数こなしてナンボ』なので、形式的な院内セミナーとかで練習はあると思いますが、それはマニュアルとしてのパターン構築であって、それぞれの患者さんに対処する柔軟さに欠けるというのがひとつ。

 

 


それぞれの患者さんの症状に対応…って、実は案外やりにくい★自分以外の従業員が居る職場なら尚更!

 

 

で、そんなんだから、院内も一昔前の“親方と弟子”みたいな関係ではなく、“店長と従業員”の関係なので、よほど意識高く無いと、練習はしない★

 

 

 

さらに、『数こなしてナンボ』ってコトは、患者さんに人気にならなきゃいけない…つまり、患者さんに“迎合”しなきゃ、来て貰えんワケです。

 

 

 

考えてみて下さい…患者さんが「今日は肩が凝るから、肩を入念にしてちょうだい!」と言われ、言われた通りにする…あれ?治すのは専門知識を持った施術側が主体とならんとダメでしょ?

 

 

 

例えば、ゴルフの練習に行って、レッスンプロに「今日はアプローチがオカシイから、修正して!」と言う?言うのか、最近は…???

 

 


でも、“方針”にまで介入しないよね?「今日は牽引は要らない!」とかフツーに言うし。

 

 

いや、ドコがオカシイのか解っているなら、自分で治せるハズだもんね?

 

 

 

つまり、本来なら施術する側が主導権を持たなきゃならないのに、現状では患者さんの側に主導権がある…相互理解が進んで、上手くいけば確かに効果を発揮するかもしれませんが、そんな例は一握りです★

 

 

 

で、かくして筋肉の状態お構いなしに、マニュアル通りにマッサージ(もみほぐし?)されて、だんだん強もみして貰わないと満足できなくなって…「アンタの身体は治療師泣かせ!」などと言われる程のガチガチ状態に悪化する★

 

 

 

この質問をされた患者さんは、そこで「コレはオカシイ⁉︎」と気付かれたので良かったですが、いわゆる慢性となった腰痛や肩コリで、それこそ1年以上にわたって毎日位の勢いで接骨院などに通院されている方は、ちょっと考えた方が良いかと思います☆

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877