.

大腿骨頭壊死で歩きにくい患者さん。 整体 大阪市住吉区

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

最近、当院に“突発性大腿骨頭壊死”で通院される方が居ます。

 

 


日本整形外科学会より引用の画像。


だいたいの過程がこちら。

 

 

“突発性大腿骨頭壊死”とは、一体どんな疾患なのか?またまたこめだの学生時代のノートをもって説明すると…

 

 




こーしてみると、俺学生時代はマジメだったんだなー☆

 

 

一般に、軟骨で被われた大腿骨頭が、関節内に深く納まっているため血管が少なく、何らかの原因によって血流障害が惹起され、壊死してしまい、潰れて(陥没変形)痛むとされています。

 

 

 

“特発性”と代名詞が着く時点で、基本的には原因不明なんですが、男性ではアルコール多飲、女性ではステロイド(副腎皮質ホルモン)剤の服用に関連して生じることが多いですね…

 

 

 

ちなみに、この患者さんは、それほどお酒も呑んでないみたいなので(さりとてステロイド常用もしてないみたいだし)、完全に原因不明ですね☆

 

 

 

まぁそんなワケで、この患者さんも非常に歩行が不安定で、しかもその状態で農作業をやるもんで、どんどん悪化し、現在大阪○大病院で定期的に診察しているんですが、その度に「もぉ限界です!手術しましょう‼︎」と言われ、ソレが嫌でアチコチ手技療法を渉猟し(何と鎌倉まで通院していたらしい‼︎)、ウチに辿り着いたらしい。

 

 

 

で、現在10数回施術を行いズキンと来る痛みは無くなり、たまに治ったかの錯覚に陥るくらい良好らしい(あくまで本人談☆)!

 

 


問診票。

 

 

もちろん、事前に「圧壊した骨は、元には戻らない」と、不可逆・可逆な箇所を説明し、納得して頂いた上で施術してますからね♪

 

 

まー、つまり『大腿骨頭壊死』自体が痛みを発するワケじゃないから、『理学整体』の施術対象になるんですよね‼︎

 

 

 

詳しくは、下の拙ブログ『大腿骨頭壊死』をメインテーマにした記事をご覧くださいね♪

 

大腿骨頭壊死について。



続、大腿骨頭壊死について(対処編)。



 

で、この患者さん、歩き方はまだまだ変で、杖ついての歩行なんですが、なんでも“肩コリ”も無くなったらしく、今月末にはアメリカへ一人で遊びに行くらしい

 

 

 

良いなぁ…こめだも行ってみたい…

 

 

 

ま、とにかく、大腿骨頭壊死なんかも『理学整体』の手技はカバー出来ますので、同様の症状でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さいね♪

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877