.

不整脈が改善された患者さんの、最も喜んだポイント☆ 整体 大阪市住吉区

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

今回も症例報告、この患者さんは、不整脈があり、とくに身体を前かがみにした際や、クーラーが強くかかっている寒い場所に急に入ると動悸が酷く、胸部がキュンとなるそうです。

 

 

 

で、一応一通り検査も行なっていて、心臓弁膜症や虚血性心疾患、心筋症、心筋炎、心膜炎、心房細動、血管内のプラークの状態など、疑わしいモノは一切関係ないコトが判明。

 

 


つまり、原因不明と診断された…じゃあ何なんだよってハナシになりますが。

 

 

ちなみに、この患者さんのお母上も、やはり心臓系が原因で逝去なされたとのコトで、やはりソコはナーバスになりますよね⁈

 

 

 

当院では、やはり過去に動悸が殆ど無くなったとゆー患者さんも居られますし(この方は、股関節の異常が来院動機)、かがんだ時の動悸は、胸腔内圧の上昇、クーラーの効きが強い箇所での動悸は、筋肉の収縮による毛細血管の圧迫が原因と推測しました。

 

 

“不整脈”が良くなったって? 整体 大阪市住吉区



↑こちらがその過去記事です。参考まで♪

 

 

で、早速検査を…となって、衝撃の身体の硬さが発覚★

 

 

 

とりわけ、右の大腿四頭筋が強く張り、正坐はマトモに出来てない★

 

 


サッカー選手のC.ロナウド選手も、正坐出来ないらしい。タイトなデニムパンツだからかも?

 

 

身体の硬さは、血管の柔軟性に比例するとの記事が、過去にあったので、この際コレも写真に撮って載せとこう♪

 

 


軽い有酸素運動ってコトは、“筋ポンプ”を使えってコトやね?


手足の毛細血管は、筋肉にも広く分布します…筋肉の赤色は、血液の色だもんね!

 

 

つまり、正坐が出来ないってコトは、筋肉の柔軟性が無く、拡張・収縮が上手く機能しない(俗に、“血管年齢”で相当高齢とか言われるレベル‼︎)、当然、“筋ポンプ”も上手く作動しない…となると、血液のポンプ機能を担う心臓には、相当な負担を強いる状態なワケで、そら何らかの異常があっても何ら不思議はない★

 

 

 

そもそも、理学整体の基礎理論では、“身体の壊れ方は、血管では拡張・収縮(すなわち充血と貧血)に現れる”と定義していますからね?

 

 

 

クーラーの良く効いた部屋に入るとキュンとくる…なんて状態は、つまり咄嗟の外的因子の変化に対応出来ていない、ととれるワケで、自律神経支配も良くないと見るベキなんですよね。

 

 

 

…てコトで、施術しました♪結果!

 

 

 

正坐が楽になり、椅子へ腰掛ける姿勢が自分でも驚くほど変化、靴下も履きやすくなり、なにより喜ばれたのが、「必ず着た服の前側がよれてたのが、真っ直ぐになった☆」‼︎

 

 

 

もちろん、前かがみやクーラー効いた部屋での胸部の異常な動悸や、キュンとくる感じは、殆ど無くなった様で、不安感も感じなくなって居られるとのコトでした♪

 

 

 

こんな風に、身体の壊れ方ってのは、アチコチに影響を与え、ソレを治さず対症療法的に対処すれば、その症状は治まったとしても、根本が改善していないので、他に別の形で噴出し、結果として薬が増える悪循環となる場合が多く見受けられます。

 

 

 

身体の症状の発生原因を、“壊れ方”を正確に捉え、ソレを正常化するコトで、他の傷病の事前予防や、他の症状の意外な改善が見込めますよ♪

 

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877