.

続・腰痛をめぐる常識のウソ

2016年1月29日 【本の紹介

続・腰痛をめぐる常識のウソ

s-IMG_0368
著者・菊地臣一

金原出版株式会社3000(+税)

題名に“続”と付いている通り、現役整形外科医が書いた『腰痛をめぐる常識のウソ』の4年後に出版された続編です。

本書では、骨盤牽引の是非が明確に書かれておりますが、現実には今だに整形外科では骨盤牽引がリハビリにおいて処方されており、整形外科医のリハビリに対する見識が疑われる内容となっております。

他書において、骨盤牽引の効果は“マッサージ”と同様である旨が書かれておりますが、それならばマッサージをすれば良いのであって、あえて骨盤牽引をすることの意義を問われなければなりません。

この著者はやはり他書において、現在整形外科で行われているリハビリに対して極めて否定的な文章を書いており、何をもって治療効果があるとしてリハビリを行っているのか、患者さんの側にも真贋を見極める目が必要と思わせる内容です。