.

良い医者の見分け方☆ 整体 大阪市住吉区

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

さて今日は、先週のブログで症例報告した“変形性股関節症”の患者さんの、医師に対する不信感から、思うところがあったので、ちょっとでも治せる確率の高い医師・低い医師の見分け方について、このブログで書いてみようと思います。

 

 

 

コレに関しては、我々が常に対峙する整形外科ダケでなく、内科や消化器科など、他の科目にも通用するかなと思います。

 

 

 

まぁ、何にせよ、1回は受診しなきゃ当たりハズレはワカンナイんだけど、まぁこーゆートコはアウト‼︎って事例をツラツラと書いて行きましょう♪

 

 

 

❶「歳のせい」と言われる。

 

 


そりゃ夜間頻尿みたいに、年齢が影響する場合が無くはないんだけど。

 

 

コレは「高齢が原因で発症する病気や症状なんざ無い!」と言いたいワケではなくて、要するに「歳のせい」にしちゃうと、ソレは“治らないから諦めなさい”と言われているに等しいのだから、それなら他の病院なり医師に診て貰った方が良いですよ、その診断をした医師にはかからない方が良いですよってハナシなんです。

 

 

 

当たり前なんですが、老化した方を若返りさせる技術は、現在において存在しません(皮膚のピーリングみたいなのは、細胞分裂を促進させた結果で、若返ったワケじゃないし)。

 

 


逆に、活性酸素で老化が促進出来る⁈

 

 

つまり、治せないものを原因だと仮定した治療は、治療にならない★

 

 

 

もちろん、「歳のせいだけど、症状は緩和出来るから」と、薬などを処方される場合がありますが、一見論理に整合性がありそうですが、薬がいくら効いても年齢が若くなったワケではないので、ソレはすなわち、症状自体は「歳のせい」ではないからなんですよね!

 

 

 

❷色々メニューを提示して、患者自身に決めさせる。

 

 


要するに、ファミレスみたいな感じ。

 

 

治る手段が明確ならば、ハッキリ言うでしょ?つまり、メニューを提示して患者さんに決めさせるのは、ある意味責任を取らないやり方ですね!

 

 

 

コレも、実際難しい(必ず治るとは言い難いので)問題なんですが、ある程度仮説を立てて、「このやり方が最善の方法だと思います」と、患者さんの側に提示する位のコトをやる先生が一番信頼出来るかなと。

 

 

 

何の説明も無しに処方するのは論外ですが★

 

 

 

❸患者さんを見ずに、パソコンの画面ばかり見ている。

 

 


最初に聞いた時は冗談かと思いましたが、患者さんの話す症状を全部打ち込むと、病名や適応する薬などの情報が表示されるソフトが有るんだそうです‼︎医者要らんやん★

 

 

要するに、“病気”を診て、“患者さん”を診てない★

 

 

 

ハナシになりませんね(でも、結構良く聞くハナシです)?

 

 

 

❹説明が難しくてわからない。

 

 


言語明瞭、意味不明瞭の典型…というか、会話を成立させる気が無いんだよなぁ★

 

 

誰の為の医療なのか…ってコトを理解していれば、分かりやすく話してくれる筈です。

 

 

 

ウチでも、他所に通院歴のある患者さんから、「えぇっ、そんなデリカシーの無いコト言うの⁈」ってハナシを良く聞きます★

 

 

 

❺ここはまとめて、整形外科あるあるなんですが、「体重を減らせ」「運動不足」「痛み止めを直ぐに出す」「手術を勧める」…

 

 


体重が軽くても、具合悪い人は居るしね?

 

 

まぁ、ありきたりの、誰もが思い当たる節がある、コロっと納得のマジックワード★

 

 

 

このブログでこれまでも色々書いて来たので、この項については多くを書きません。

 

 

 

過体重や運動不足は、基本的に整形外科的疾患と直接関係無いし、痛み止めや手術は、その疾患が発症するに至った経緯をすっ飛ばす“対症療法”に他なりません。

 

 

 

とまぁ、こんなコトをウチの患者さんに話すと、「私らシロウトやから、先生みたいに判断出来へんのよ、どーしたら良いの?」と言われるんです。

 

 

 

なので、いつも教えるのは、①病院の看護師と親しくなる(内情を把握している)、②馴染みの医者(もちろん別科の)に意見を聞く、③極力薬を出そうとしない病院もしくは医師を選ぶ(金儲け優先ではない)、④ウチみたいなトコに相談する…って感じかな?

 

 

 

④に関しては、コレもよく聞くハナシなんですが、良い診断を下しているワリに、患者さんが少なくて、いつもヒマそう…職分に忠実なトコほど「あそこに行っても何もしてくれない!」とゆーウワサが立ちやすいんだよね★

 

 

 

まぁ一番は、日々人間関係のスキルを磨いて、その医者の本質を見極められるように精進するコトですね!

 

 



理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F
【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00
水・土     9:00~15:00
【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから
※スマホの方は電話番号をタップしてください
06-6606-8877