.

最近、TVや雑誌などで「腸内フローラで健康を取り戻す」とか、「腸内フローラを調べると、病気の傾向がわかる」とか、中には「腸内細菌によって性格が決まる」と言った情報に多く触れられるようになってきました。
では、その腸内フローラとは一体何なんでしょうか?

人体は常在菌といわれるたくさんの細菌と共生しています。

腸や口腔といった消化器系の粘膜や膣腔、眼窩の粘膜、皮膚上にもたくさんの細菌が住んでいて、その細菌群は大まかに乳酸菌の様な“善玉菌”、大腸菌の様な“悪玉菌”、どちらにも属さない“日和見菌”の3つに分別されます。

腸内フローラの場合、回腸から大腸にかけて、100種類以上、約100兆個ともいわれる膨大な量の腸内細菌が集団ごとに集まっていて、その様子が花畑に例えられることから、『腸内フローラ(腸内細菌叢)』と呼ばれています。


健康な方の腸内は、この善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合が2:1:7が良好とされ、このバランスが崩れ、悪玉菌が善玉菌を上回ったり日和見菌が悪玉菌に変化したりすると、ガン・糖尿病・うつ病・肥満・クローン病などになることがわかっています。

これは粘膜のある口腔や眼窩、膣腔なども同様で、逆説的にAIDSや糖尿病など、体力が衰え、免疫力が低下した患者さんに日和見感染が多く見受けられることから、疾患と腸内フローラの菌群のバランスには相関関係があることがおわかりいただけるかと思います。

腸内フローラは、赤ちゃんが胎内にいる時は無菌状態で、産道を通って誕生し、母親などとスキンシップを取ることにより、悪玉菌や日和見菌に感染する過程で免疫を獲得します。
したがって、腸内フローラの菌には“多様性”が獲得出来る環境にあることが望ましいのです。

一方で最近の研究では、食事から経口的にヨーグルトや発酵食品といった“善玉菌”である乳酸菌を多く含む食品を摂取したとしても、胃酸や胆汁酸で死滅し、生きて腸内まで届くことは無いとされていますが、乳酸菌を多く含む食品には、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖が多く含まれ、これが腸まで届くため、腸内フローラを改善するのに有効とされています。前述した通り、口腔や鼻腔・眼窩や膣腔など、他の粘膜組織なら、胃酸や胆汁酸の影響を受けないため、直接定着が可能という見方もあります。


いづれにせよ、善玉菌を多く含むゴボウ・玉ねぎ・乳製品・大豆・豆乳・味噌・ハチミツ・バナナ・ヨーグルトなど、様々な食品を積極的に摂取することが肝要です。
また、最新では健康な人の便を直接的に腸に移植する『便移植療法』もあり、まだ研究段階ですが、良好な結果が得られるとの報告があります。




腸内フローラの言葉の意味が、“花畑”に由来することは前述した通りですが、農業と同様に、キチンと土壌の手入れをすれば、腸内環境は良好となり、健康となる反面、暴飲暴食や劣悪な生活習慣を変えないことには、いくら良い種を蒔こうと、またいくら良い肥料を与えたとしても、花畑の土壌が悪いため、キレイな花畑になりはしないでしょう。

とりわけ“排便”は、毎日キチンとなされないと、腸内で悪玉菌が増殖し、有毒なガスを発生させる要因となり、ニキビや肌荒れ、肥満、免疫力の低下、自律神経の乱れを招きます。
『理学整体』の手技を受けると、便秘や下痢といった症状を持つ多くの方に改善が見られます。

これは、身体の壊れ方を本来あるべき状態に戻すことによって、腸の位置が良くなり、捻れや圧迫がなく機能が改善されるからです。
腸の機能が改善すれば、腸内フローラの細菌にとっても過ごしやすい環境が整い、自ずと善玉菌や悪玉菌、日和見菌の割合も改善されることでしょう。


善玉菌の環境を整えることで…


以前、“カンジタ”による痒みが薬を常用していても全く改善されなかった方が、膝の痛みで当院に通院した結果、膝の痛みのみならず“カンジタ”による痒みまでなくなったと大変喜ばれた例がありましたが、“カンジタ”は日和見菌の一種で、常在菌のため無くなったわけではありません。

しかし、痒みがおさまるということは、日和見菌が悪さをしないように善玉菌が抑え込める環境が整ったことを意味します。このように、単に生活環境だけでなく、今の身体の壊れ方を改善するだけでも、健康を獲得することは可能なのです。

患者様の声