.


一口に腰痛と言っても、様々な由来があります。厚生労働省がまとめた『腰痛ガイドライン』によると、骨折(圧迫骨折など)・感染症(感染性脊椎炎、カリエスなど)・ガン(脊椎への転移ガンなど)・変性疾患(ヘルニア、狭窄症など)・内臓疾患(解離性大動脈瘤、尿路結石など)など、原因のハッキリしている“特異性腰痛”の占める割合は、腰痛全体のわずか15%であり、残りの85%、つまり大半は原因のハッキリしない非特異性腰痛(器質的異常が無い)に分類されています。

しかしながら、15%の特異性腰痛の内訳に入るヘルニアや狭窄症においてですら、「老人においては、画像診断でほとんどの場合に見受けられる程ありふれた所見であり、しかもたいていの場合は腰痛の原因でない」ばかりでなく、実際に若年層から年配層に至るまで、同様の所見をもとに切開・内視鏡・及びレーザー手術を行ったにもかかわらず(たいがい、『成功』しているにもかかわらず)、手術後は良好になるも1年後位から症状が再発する場合が多かったり、思うような改善が見受けられない。
さらに、手術をしようがしまいが、5年後は同じであるとするデータも存在します。

これはすなわち、「原因を解決したにもかかわらず、結果が伴わない」ことから、ヘルニアや狭窄症も、本当に腰痛の原因なのか、実はとても疑わしいのが現状なのです。


腰痛に果たして一番効果的な施術方法はなにか?


この様な背景から、現時点で腰痛に対してコレといった決定的な治療法が存在せず、故に様々な治療法が乱立しており、患者さんにとってどれが正しい選択肢なのか、非常に分かりにくい事態となっています。

我々の健康院では、腰痛患者の場合、他所でヘルニアや狭窄症と診断され、なおかつ手術や処置、リハビリを受けたにもかかわらず、治らなかった方が最後の手段として来院されることが少なくないのですが、その方々のハナシからも、現在の医療現場において、腰痛の扱いは、はじめにヘルニア・狭窄症ありきであり、本当の問題である「なぜヘルニア・狭窄症になったのか?」という根本の部分が欠落しているのがわかります。

椎間板から髄核が脱出し、ヘルニアの状態になるのは、押し出す様な持続的・瞬間的にかかる力が無ければ説明がつきませんし、狭窄症も脊髄神経の通る脊柱管が引っ張られたり、ねじれたりといった物理的・力学的な異常が無ければ説明がつきません(中には、生まれついて脊柱管が狭いと言われる方もいます)。

『理学整体』では、ガンや骨折・感染症・内臓疾患由来の腰痛を除いて、非特異性腰痛やヘルニア・狭窄症由来の腰痛の場合、身体を本来の正常な姿勢・動作ができる様になり、脊柱管や背骨のひとつひとつの組み合わせが、生理的弯曲をキチンと取れる様に、構造的に正常化することにより、症状を治してゆきます。

ヘルニアや狭窄症などのMRIやレントゲン画像上の異常所見は、たいがいの場合、元に戻ることはありません(データによると、9割のヘルニアは、放置していると元に戻るらしいですが)。
実際多くの場合、ヘルニアや狭窄症があったとしても、整形外科では初回に1回MRIやレントゲンを撮影して以降、2度3度と撮影して、予後の変化を観察しないのは、そういう事情があるからです。


実はあまり知られていませんが腰痛は、初期は一晩寝れば治ってしまうことが多いです。

ただ治ってしまったからといって度々起きる腰痛を放っていると朝から腰痛で起きられなくなったり、“焼け火箸”を刺される様な痛み、下肢のシビレ、マヒ、さらに排尿障害へと進展することがあります。

“痛み”までなら、身体の異常をセンサーである神経がちゃんと教えてくれる状態であると言え、そういう意味で正常と言えますが、シビレ→マヒとなってくると、神経伝達障害となり、回復が困難となってきます(手術において、術前の説明で「“痛み”は治るが“シビレ”は治らない」と事前に知らされる事例が多くなってきています)。

排尿障害の場合は、腎臓に負担がかかり、生命の危険にさらされてしまう恐れもあり、注意が必要です。
他にも特異性腰痛の場合も、感染性脊髄炎や解離性大動脈瘤の場合、ただの腰痛と勘違いして放置されると、非常に危険であると言えます。



長時間すわり仕事(事務・運転手など)の方に、腰痛は多く発生すると言われています。

立位に比べ、座位では脊柱の生理的弯曲がくずれ、立位時の3倍の圧力が椎間板にかかると言われています。

しかし、立位仕事の方や、誰よりも体幹を鍛えているはずのスポーツ選手、水泳選手ですら腰痛の方が見受けられるくらいですので、頻度の差こそあれ、どんな職業・生活習慣であっても、腰痛のリスクは等しくあると思われます。



『理学整体』の見方で言うと、腰痛・ヘルニア・狭窄症などを患っている方の身体は歪んでおり、関節の動きが悪くなっています。

これは、骨のひとつひとつの組み合わせの異常であり、その骨格を支え動かす筋肉の伸縮異常・機能障害が原因です。

姿勢の異常や動作の異常も、原因というよりは結果であり、前後・左右・ねじれを作る筋肉が意図せず勝手に働き、元の状態に戻らないのが原因で、それが結果として脊柱を歪め、生理的弯曲を狂わせ、痛みやシビレとなって症状を引き起こすのです。

ですから、筋肉の“機能”を正常化し、身体の“構造”を元に戻すことで、症状を治す、いわば『事故車の板金修理』を行います。

筋肉のハナシをすると、どうしても「筋肉を鍛えよう!」となりますが、筋肉が弱ったから腰痛が出るわけではなく、筋肉の機能障害が腰痛の根本にあり、鍛えるのではなく、機能障害を治し、正しく働く様にすることこそが肝要なのです。

患者様の声

腰痛・肩こりで来院された患者さんのアンケート 整体

    奈良市在住  多賀さん(男性 53歳)  工場勤務   来院時の症状: 肩・首・腰・右膝の痛み、バンザイの際に左肩が

脊柱管狭窄症で手術を受けた患者さんのアンケート。

      大阪府松原市在住   岡村さん   75歳男性   来院時の症状: 杖をついて、付き添いの介添でやっと

4年間接骨院に通ったが、治らなかった患者さんのアン

  Xさん   女性   50歳台   スポーツコーチ   病名:腰部椎間板ヘルニア…痛み止めを処方されている。 整形外科、及び接骨院に通院。

過去に腰のヘルニアで手術をすすめられていた患者さん

Kさん  女性  60歳台  立ち仕事   病名:腰部椎間板ヘルニア   来院時の症状: 来院1カ月前から、真っ直ぐ立位・歩行ができな

原因不明の腰痛患者さんのアンケート。

匿名希望、Qさん   来院時の症状:稀に歩けなくなる様な腰痛・普段は座位から立ち上がる際に腰が伸びず、同一姿勢で固まる・右肩回旋運動痛・両鼠径部痛 &nb

腰部脊柱管狭窄症の患者さんのアンケート。

    大阪府千早赤阪村 市川さん 腰部脊柱管狭窄症 初診時の所見・左臀部〜下肢痛、動作しにくい、仰臥出来ない、足が上がらない、100m歩くのに4