.


生理とは、「毎月ある子宮からの正常な出血」のことで、一般的には5から7日間続く“月経”の期間に発症するのが“生理痛”です(一部では、排卵期の腹痛も生理痛に分類している場合があります)。

月経とは、妊娠しなかった時に、要らなくなった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と一緒に体外に排出されるメカニズムを指すわけですが、この子宮内膜を子宮から剥がし、経血を速やかに排出すると同時に、再び妊娠に備えて子宮内膜を再構築するために、大量の血液を必要とし、その血液を集めるためにプロスタグランジンという“陣痛促進剤”にも使用される物質が分泌され、それが痛みを発します。

これが“生理痛”の発症メカニズムであり、プロスタグランジンには血管を収縮させる作用もあるため、頭痛・肩こり・腰痛・冷え・だるさ・胃腸の痛みや吐き気といった不定愁訴をともなう場合が多いのです。


放置すれば必ずなる、というわけではありませんが、悪化すると日常生活に支障をきたし、“月経困難症”と病名が付く場合があります。

子宮内膜症や子宮筋腫の場合も、この月経困難症に分類されることがあります。

あとはやはり、“不妊症”であったり、流産しやすくなります。


先ず、生理痛は健康な女性では症状が軽く、仕事が不規則であったり、ストレスが多い女性だと症状は重くなります。これはわかりやすくいうと、“交感神経優位”な方ほど症状が重いということになります。

平素より胃腸が弱い、痛み止めを常用している、冷え性、頭痛持ちなどの方、普段より喫煙、締め付けの強い服装の方にも当てはまります。子宮内膜症や子宮筋腫などのある方も、生理痛は重くなる場合があります。

そして、これらに共通するのは、身体の壊れ方があるということです。

よく顔の相を診て生理痛があるか否かを占われることがありますが、身体の壊れ方は顔の相と相似形であり、
①鼻が曲がっている
②口角が片方だけ上がっている
③鼻の穴の大きさが左右で違う
④アゴの位置が左右非対称
⑤ほう骨の高さが左右非対称

などがある場合、骨盤の位置が捻れたり傾いたりしているので、骨盤内臓器である子宮の位置も不整であり、従って生理痛が重くなりやすい、ということになります。

座る際に、ついつい足を組んだり、横座りをされる方も、骨盤の不整の結果といえ、これを解消しない限り、骨盤内臓器も歪み、捻れ、傾くため、血管も圧迫を受けやすく、血流が滞り、月経時に血液が子宮に集まりにくいため、さらに発痛物質であるプロスタグランジンが大量に放出され、痛みが増すのです。

腰やお腹を温めると楽になるのは一時的に血行が良くなるためですが、根本を解決したわけではないので、毎月ごとに繰り返すのはそのためです。



『理学整体』の手技は、“体性内臓反射”という生理的反射を利用して、手足を動かしたり体幹の筋肉を調整することにより、腹腔・胸腔・骨盤内臓器を機能的・構造的に正常に整える手技です。

生理のメカニズムとして、生理痛が発症するのはある意味“必然”ではありますが、現実にその症状に個人差がある以上、当事者にとって生理痛の重さは必ずしも必然であるとは言い切れません。

先ずは身体の壊れ方をチェックし、正しく『整体』することで、構造として身体の諸器官を正しい位置に戻し、とりわけ内臓器の位置を正常化することによって、内臓器をコントロールする自律神経の働きを活性化し、自律神経のコントロール下にある血管の伸縮を変え、血流を良くすることによって、慢性化した生理痛の出る状態を体質改善してゆきます。

出産後のケアをしっかりしておかないと…

産後の疲れや出産時に開いた骨盤を放置することによって、腰痛が出現したり、体重が増加して元の体型に戻らなかったり、尿漏れになったり、母乳の出が悪くなったりすることがあります。

健康な状態で出産される場合は、その様なデメリットが出現することなく回復することが多いと思われますが、生理痛が酷い方の場合、元々身体が壊れており、回復力が正常に働かず、肩こりや腱鞘炎など、様々な体調不良に見舞われることが多いので、早めのケアが必要となります。

出産後の施術について

出産時に一番負担がかかるのは骨盤ですが、この骨盤が開くと、背中が丸くなり、下腹部がポッコリとなり、椅子に座ると足が開く体型となります。

背筋を意識して伸ばせば、骨盤は閉じ、本来あるべき状態に一時的に戻りますが、残念ながらその状態を長時間意識して保つことは出来ません。

これは、身体を支え、動かし、体型を作る筋肉の“形状記憶”が忘れ去られているからです。
『理学整体』の手技は、筋肉の機能を本来あるべき状態に回復する手技であり、筋肉の形状記憶を正しい状態に再教育することによって、意識せずとも背筋が伸び、骨盤が閉じる状態にすることにより、産後の体調不良の回復や美容に貢献することが出来ます。

患者様の声