.


最近よく聞かれる病名なのですが、実はキチンとした定義のある疾患ではなく、これまでの既存の疾患の定義に当てはまらない、自律神経症状(頭痛・肩こり・めまい・全身倦怠感・動悸・胸苦しさ・呼吸困難感・シビレ・口渇・ゲップ・上腹部不快感・胸焼け・吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・便秘・残便感・食欲不振・頻尿・冷え・多汗)がある場合に便宜上名付けられる疾患です。

症状が多岐に渡るため、原因も様々で特定することは困難ですが(なので本来は“症候群”と付けるべきですが)、自律神経、つまり自分の意思で止めたり動かしたりできないホメオスタシスを担う神経系の異常とされています。


自律神経とは交感神経と副交感神経からなる、人間のホメオスタシスを司る神経系で、例えば内臓を動かしたり、血液を流したり、栄養を吸収したり、呼吸したり、自分の意思とは関係なく働く器官を支配する神経であるがゆえに、生命活動の中心を担っている神経系であるといえます。

そもそも自律神経が失調している時点で、様々な症状が出るのですが放置による弊害、すなわち悪化したときのシュミレートをするとすれば、自律神経がホメオスタシスを司る神経系ということなので、生命維持活動に支障が出るのではないかと推察されます。


自律神経系の症状は心理的・社会的ストレスを受けやすいと言われています。

起立性調節障害や過敏性腸症候群・偏頭痛・メニエル病・過呼吸・逆流性食道炎などの疾患も、自律神経失調症にカテゴリーされていますが、これらを発症する方の特徴として、やはり過度のストレスを受けやすい環境に身を置く方が罹患しやすいという印象があります。

どちらかというと、症状的には交感神経優位な感じで、もう一方の副交感神経と上手くバランスを取れない、つまり休めない方などは自律神経失調症になりやすいと言えます。


自律神経失調症の定義がきわめて曖昧であることを前述しましたが、これはつまり現代医学において、自律神経失調症の原因が不明であり、実は対処する術がないことを示唆しています。
言い換えれば、西洋医学の強みである“対症療法的アプローチ”の限界を示しています。

明らかに自律神経のアンバランスが原因だから、これを整えれば良いだけだとお考えの方もおられると思いますが、これは容易でないのは、どうなれば自律神経のバランスが良くなるのか、又、どの程度がバランスが良いといえるのか、そうした概念が曖昧で、キチンと定義付けられていないからです。

そもそも、自律神経というのは、活動時に働く交感神経と、リラックス時に働く副交感神経が交互に状況に応じて入れ替わり働くので、どれくらいのバランスでとどまれば良いか、ではなく、状況に応じて自在に変化する様にならなければならないのです。


血圧や血糖値と同様に、低く抑えれば良いというものではありません。


『理学整体』の手技の要諦は、“自律神経と運動神経の相関関係”を利用し、運動神経の支配する筋肉の状態を正常化することによって、自律神経を正常化するというものです。

精神的なストレスや、内科的なストレスにより、胸腔・腹腔・骨盤内臓器に異常をきたしたとすると、『内臓体性反射』として内臓に起きた異常は自律神経を介して脊髄神経に伝わり、運動神経を介して骨格筋の収縮を起こすメカニズムがあります。

お腹が痛いと身体をかがめるのと同じでその逆である『体性内臓反射』を利用し、骨格筋の状態を正常化すれば、運動神経を介して脊髄神経に伝わり、自律神経の状態も正常化するわけです。

患者様の声