.


不定愁訴とは、全身に様々な不調があるものの、その客観的な病気などの原因が見つからない状態を指し、その症状は一日の内でも変化するような不安定なもので、環境の変化やストレスなどで引き起こされると考えられていますが、大半は原因不明です。

もちろん、その症状は客観的に可視化出来ないものであるが故に、多くの場合は周囲の理解が得がたく、患者さんが孤立してしまうことが多く二次的な心理的被害もあって、うつ病を併発してしまうなど、なかなか改善しない事例が多く、予防は困難とされています。
一般的な自覚症状は、なんとなく体調が悪い・倦怠感・動悸・かゆみ・耳鳴り・味覚異常・食欲不振・便秘・下痢・肩こり・手足のシビレ・冷え・頻尿・血尿・月経不順・息切れ・めまい・頭痛・のぼせ・不眠など、自律神経失調症や甲状腺疾患と重なる部分が多くあります。

原因は様々で、残念ながら特定できないので、“不定愁訴”とひとくくりにされているのです。


もちろん先述した不定愁訴の症状の悪化や、複数の症状が同時多発的に、あるいは代わる代わる出現するといった進行(悪化)の場合もあると思われますが、不定愁訴は可視化出来ない症状であることがほとんどなため、『ワガママ』と周囲に忌避されることが多く、それゆえに二次的被害として精神疾患、“うつ”などに移行しやすい傾向があります。

一般に女性や夜勤の多い職業、冷蔵施設など外的因子の不自然な環境下の仕事、ストレスを溜めやすい職業に多いとされています。

特に女性の場合、20から30歳代の2人に1人が不定愁訴を訴えるというデータもありますが、これは月経不順やホルモンバランス、更年期、妊娠、出産など女性に特有の体内環境の変化が相当影響しているものと推察されます。


一般的には対症療法、例えば睡眠薬や精神安定剤などを処方するのですが、我々は“整体師”であり、身体の状態を整体師の視点から診ると、自律神経失調症や生理痛・妊娠出産時の不調などの場合と共通するある症状が浮かんでくるのがわかります。

その症状とは“肩こり”です。
肩こりは、僧帽筋や肩甲挙筋といった筋肉の疲労による症状で、血行不良や虚血状態となって筋肉の柔軟性が失われ、硬く固まってしまった状態を指しますが、要するに筋肉の正常な状態でないことはお分りいただけるかと思います。

そして、この肩の筋肉は首やアゴを動かし支える筋肉とつながっています。
よく歯並びの矯正やアゴの噛み合わせを修正すると、それまであった不定愁訴がウソのように消えたなんて話を耳にすることがあるかと思いますが、要するに肩こりもこれと同じで身体の姿勢を作り、動作に作用する筋群の異常が不定愁訴を招く要因であり、不定愁訴を訴える身体はやはり壊れているのです。

アゴの噛み合わせなどは、首をかしげるだけで変わってしまいます。
首は身体の中心を貫く大黒柱ともいえる背骨の中の“頸椎”の部分で、これを動かすということは、周囲の筋肉の伸縮によります。

つまり、筋肉の伸縮異常が少しでもあれば身体は壊れ、不定愁訴や自律神経失調症・生理痛・妊娠出産時の不調などを招きやすい状態になってしまうということなのです。
なので、睡眠薬や精神安定剤を飲用する前に、まずは自分の姿勢や動作を『理学整体』的な視点で確認し、修正をしなければなりません。

『理学整体』は医師が認めるくらい完成された理論・技術があり、効果も出やすく、変化が可視化しやすいので、ぜひお試し下さい。

患者様の声

肩・首・肘・腰・股関節の痛み・食欲不振など、全身不

    T・Hさん       来院時の症状: 肩・首・肘・腰・股・膝の整形外科的な痛み、不眠・食