理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

『外反母趾』を、老化と言わないのは何故? 整体 外反母趾 大阪市 住吉区 長居

『外反母趾』を、老化と言わないのは何故? 整体 外反母趾 大阪市 住吉区 長居

大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます♪

 

さて今回のテーマなんですが、足全体で見ると、最も骨の変形を起こしやすいのは母趾MP関節ですね!

 

 この関節は、『痛風』の症状で苦しむことでも知られていますが、普段ハイヒールや先の尖った靴を履く機会の多い女性の外反母趾の発生率が男性に比べて10:1の割合で多く、症状もなかなか治らないと認知されていますね。

『外反母趾』の概要はこちら!
ダウン ダウン ダウン
http://www.mediamrad.org/Whats-the-most-common-cause-of-hallux-valgus/

で、女性の発生率が高い理由が「靴のせい」とされていますが、ホントにそうなんでしょうか?

中国で有名な『纏足』をなぞらえている様な気がしないでもありません。
ダウン ダウン ダウン
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/纏足#section_language

まぁ、靴の影響が全く無いとは言いませんが、必ずしも左右両方とも同じ角度で曲がってしまっているワケではない場合が多いのです。

コレ、左右とも同じ年齢ですからね、加齢による変形とは、正直言い難いんです★

ということは、実際のところ、足の左右への重心の変位や、身体の壊れ方による骨組み(関節の組み合わせ異常)による歩行動作においての偏りなども『外反母趾』を促進しているのではないかと推測されるのです。

モチロン、足の構造として、足底の縦アーチや横アーチが消失した、いわゆる“べた足”の場合、足の形が横に広がるので、靴選びは大事だし、プラス足が重ならないようにする矯正具はあった方が良いとこめだ個人は思いますが、これは飽くまで予防的措置であって、改善策ではありません。

なぜなら、矯正したところで、変形を促進する重心の変位や歩行時の負担軽減にはあたらないからです。

更に『理学整体』の手技をもってしても、骨の変形は変わらないので、完全回復は無理ですが、重心の正常化や歩行時の負担軽減には姿勢の改善が最も効果が高いと思います。

それだけでも、足の細かい関節の組み合わせが変わります!

タカが『外反母趾』と思うなかれ、酷くなれば手術をしなければ歩けなくなるヒトも居ますし、足関節の使い方が膝や股関節にまで影響するので、早目の処置は必須ですよ。

もしお困りの方や、将来に不安のある方は、『理学整体』の手技を行う『健康院』が全国にありますので、どうぞ遠慮なくお電話でご相談下さいね!
ダウン ダウン ダウン
http://www.sakai-kenkouin.com/lnk/index.html

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ