理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

側弯症は『理学整体』の適応範囲か? 整体 側弯症 大阪市 住吉区 長居

側弯症は『理学整体』の適応範囲か? 整体 側弯症 大阪市 住吉区 長居

大阪市住吉区長居の、股関節に強い整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

さて以前、『側弯症』について述べた項目で、ベルリン(2009年)、ロンドン(2012年)と2大会連続3冠を達成した世界最速の金メダル男、ウサイン・ボルトが『側弯症』であることを述べました。

実際にボルトの走りを見た人なら分かると思いますが(こめだは見てないので、ワカランかったのですが★)、彼は他の選手のフォームと比べて上体の左右の振れ幅が大きいのです。

『脊柱側弯症』は、先天的に背骨がS字状に弯曲する病気で、ボルトは体の軸が曲がった状態でこれだけの偉業を成し遂げたワケですから、彼自身が言う“生ける伝説”というのも、アナガチ誇張とは思いません。

なぜなら、これまでは正常な体を前提にバイオメカニクスが発達し、コレを用いて練り上げられたフォームが、ボルトには通用せず、結果独自で自分のフォームを編み出さなければならなかったワケですからね!

ところで、ボルトは練習において、体の歪みを正すエクササイズを取り入れているらしいですね。

他にも靴は左右差をできるだけ揃えて効率的に動作させるため、足底挿板を入れて補正しているらしいですよ。

もちろんコレを用いることで、完全に背骨が真っ直ぐになることはないでしょうが、少しでも変化するのであれば、これは側弯症患者の方々にとっては大変な希望となるでしょうし、我々理学整体にとっても可能性を見出せる(つまり治せる)ものと確信できます。

実際問題として、曲がって成長した骨を、形を変えて正常に戻すのはムリですが、骨と骨の組み合わせ(つまり関節)で、側弯している分には理学整体の技をもってすれば矯正可能だと思いますからね!

ホントに酷い人からすると、ボルトの場合は軽度…そこにどうやって留めるかが問題なんですが★

 

 

で、今回この項を述べるのは、また別の意図がありまして、『側弯症』でもああやって現役のアスリートとして活躍できるならば(そりゃ他の同種競技者と比べて或いは膝や腰を故障し易いことはあったとしても)、『側弯症』と診断された方でも腰や膝の症状は治せるということです。

もっといえば、ボルトのようにアスリートとして日々鍛える為に酷使しなければ、腰痛や膝痛など知らずに生活することもあり得るということです。

 

現に、こめだの健康院に来院される腰痛や肩こり、膝痛の患者さんは、おしなべて体が捻れたり、傾いたり、曲がったりして『壊れている』のですが、そんな方でもムリせずにいれば、それ程症状は顕在化しません。

 

普段こめだは患者さんの体を車に例えて『事故車』と呼んでますが、事故車でも壊れたなりにムリせず大事に使用すれば、それ程悪くはならないし、ともすれば回復することすらあります。

こんな状態…でも?

なので、『側弯症』の方も、そうでない方も、具合が悪い時は決して焦らず、ムリをせず、ユックリ休むことが一番肝要なんですよ!

『側弯症』で、かつ腰痛でお困りの方は、『理学整体こめだ健康院』へご予約・お問い合わせ下さいね♪

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ