理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

“ロコモ体操”で腰痛予防が出来るか?③ 整体 ロコモ 大阪市 住吉区 長居

“ロコモ体操”で腰痛予防が出来るか?③ 整体 ロコモ 大阪市 住吉区 長居

大阪市住吉区長居の、股関節に強い予約制整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 
さて今回は、ついに本題??“ロコモ”対策としての体操の意義と実際について、『理学整体』の観点から指摘したいと思います。

 

 

日本臨床整形外科学会のHPはこちら!
ダウン   ダウン   ダウン

http://www.jcoa.gr.jp/locomo/therapy.html

こちらのHP上にも書いてますが、整形外科学会では“ロコモ”を“筋肉の廃用性症候群”、つまり使わないから衰える、という捉え方をしているのがよくわかります。

そーゆー意味でとらえると、宇宙飛行士の筋力の衰えも、“廃用性症候群”になりますね?

なので、負荷をかける回数もきわめて少ないのが上のトレーニング法からもよくわかります。

実際、片足立ちなんていうのもそうですが、立位においてもそれほどのエネルギーや筋力を使用しません。

良い喩えではないですが、アフリカなどの飢餓に苦しむ難民の方々を想像してください、正味「骨」と「皮」で、「筋肉」なんか殆ど無いように見えますが、立つことや歩くこと自体は可能なんです。

逆に、筋肉ムキムキ、力の強力な人にも片足立ちなどの項目をチェックしてみると面白いと思いますよ♪

意外にマッチョな人でも腰痛持ちは多いので、結構成績が悪いと思います。

ただ、“ロコトレ”を実行して実際に効果として現れてるんでしょうか?

一応整形外科専門医によるメディカルチェックとして運動プログラムを行い、「効果判定」を定期的に行っているようですが、今のところそれが数字として公表されていないようです。

要するに、これらのトレーニングを積んでバランス感覚を養うのが目的のように思いますが、では下のような体の方でもこのトレーニングは果たして有用なのでしょうか?

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症は、理学整体こめだ健康院へ!
体幹が傾いて足を広げないと立てない方です。

この方は60歳で、「腰椎すべり症」があって、整形外科で腰の牽引をしたら寝たきりになった方です。

まさに“ロコモティブシンドローム”に当てはまる方ですよ。

この方の場合、「立たない」のではなく、「立てない」のです。

おそらく“ロコモ”の基準を満たす方の中にはこのような方が大勢含まれていると思いますよ? 

今回の例の様に、立てない状態を改善したい方は、『理学整体こめだ健康院』までご予約・お問い合わせ下さいな☆

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ