理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

『変形性膝関節症』に関する重要なデータ。整体 変形性膝関節症 大阪市 住吉区 長居

『変形性膝関節症』に関する重要なデータ。整体 変形性膝関節症 大阪市 住吉区 長居

大阪市住吉区長居の、股関節に強い予約制整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

今月は『大阪国際女子マラソン』なので、周辺にも告知看板やら横断幕やらで交通規制の告知に余念がないですね!

photo:03

数年前の。

photo:04

南港関連の物流業者は大変だ★

今年の。ウチは影響ないけど。

さて今日はアメリカの整形外科学会が策定した『変形性膝関節症治療ガイドライン』で、なかなか衝撃的な事例が書いてあったので、それを以下に紹介します。

「ヒアルロン酸もはや推奨せず 【米国整形外科学会】

変形性膝関節症ガイドライン改訂版を発表

2013年7月11日 米国学会短信 カテゴリ: 神経内科疾患・整形外科疾患・投薬に関わる問題

 米国整形外科学会(AAOS)は6月4日、変形性膝関節症治療に関する臨床診療ガイドライン(CPG)改訂版を発表した。ヒアルロン酸を推奨しないと明記した。変形性関節症(OA)は摩擦による消耗が原因の関節炎とも知られ、65歳以上に発症することが最も多い。米国では約3300万人がOAに罹患し、身体障害の主因となっている。

本CPGは膝関節置換術より侵襲性の少ない治療を対象としている。2009年CPGから変更された主要推奨事項は、アセトアミノフェンとヒアルロン酸に関する2点。アセトアミノフェンの推奨用量は4000 mgから3000 mg/日に減った。これはFDAが2009年以降にアセトアミノフェン使用者全般に対して変更したことによる。ヒアルロン酸の関節内注射は、14件の試験のメタ解析において臨床的に重要な改善を意味する最小閾値に達しておらず、症候性の変形性膝関節症治療法としてもはや推奨されないものとしている。」

 


所見での特徴は、O脚!

英文で読めないんですが、一応ソースも貼っておきます。
ダウン ダウン ダウン
http://www.aaos.org/research/guidelines/guidelineoaknee.asp

 

 

どうやら2013年5月に2008年に初めて作成された変形性膝関節症治療ガイドラインの改訂を行ったらしい。

当ブログでは、これまでコンドロイチンやヒアルロン酸について、「内服であれ注射であれ意味ないよ」と言う論調で発表してきましたが、上の文脈からこれまで整形外科において当たり前の様に行われてきた膝関節におけるヒアルロン酸の注射が効用を明確に否定された事が読み取れるかと思います。

ちなみに、日本整形外科学会の“変形性膝関節症”に関する正式見解はこちら。
ダウン ダウン ダウン
http://www.jcoa.gr.jp/health/clinic/knee/koa.pdf

突筆すべきはヒアルロン酸注射に関するアメリカ整形外科学会の見解で、「ヒアルロン酸の関節内注射は、14件の試験のメタ解析において臨床的に重要な改善を意味する最小閾値に達しておらず、症候性の変形性膝関節症治療法としてもはや推奨されないものとしている。」との一文で、ほぼ全否定なんですね。

ウチの患者さんの中には、注射打った途端に正座出来なくなった例もあるし。

この文中にある“改善を意味する最小閾値”が何を意味するのか(変形した骨の改善なのか、それとも症状の改善か、或いは両方なのか?)不明ですが、これからの整形外科における変形性関節症(膝に限らず)の治療方針は大幅な変更を余儀無くされる事が予想できますね(変更されなきゃ怠慢だ?)。

『理学整体』の考え方としては、“変形性関節症”や“関節炎”といった、いわゆる関節疾患は①骨組みのアライメントの不整、②関節を動かす筋肉の伸縮異常、の2つが相互に絡んだ状態で使用する事による事象であるとし、従って筋肉の伸縮を正常化する事により可動制限や症状を改善してきました。

実際、正座が出来る様になった例も数多くあり、それが故に「コンドロイチンやヒアルロン酸が不足した結果、関節疾患が起こる」という整形外科的な考えに汲みしません。

それを踏まえた上で、以前NHKで放送された『プロフェッショナル~仕事の流儀~』で、非常に興味深いシーンがあったので、これも紹介しておきます。
ダウン ダウン ダウン
http://www.nhk.or.jp/professional/2014/0120/index.html

photo:02


筑波大学のロボット研究・山海嘉之氏。

山海氏のロボット研究で有名なのは、介助現場で介助者が着用して使用する“パワーアシストスーツ”なんですが、この技術は人が筋肉を動かす時に出す「動け」という意識を【電気信号】として解析し、人間
の複雑な動きをトレースする仕組みなんですが、コレをリハビリの分野(脊髄損傷や脳卒中による麻痺した肢位を活性する)で応用し、ロボットを装着して何度も麻痺した部位を動かすことで、「動いた」という感覚を脳にフィードバックさせて、脳神経機能の回復や治療により身体機能の改善を図るという画期的な方法なんです。

で、その場面で、膝の屈伸をリハビリするシーンが有りまして、上手く動かせないときは曲げる側の神経の活性と、伸ばす側の神経の活性が同時に働き、筋肉の伸縮の命令が上手くいってないのが可視化されており、ナルホドと感心しました。

同時に、この装置を使えば“変形性関節症”や“関節炎”といった症状がある場合の筋肉の活動電位を調べる事で、動作異常を解明できるのではないかと思いました。

でも、同時にリハビリとかでの効用の無さや非効率が問題になるだろうから、なかなか整形外科学会は採用しないだろうなぁ、モッタイナイなぁ…とこめだは思ってます★

 

変形性膝関節症やO脚の患者さんの多くが、『理学整体』の技で良くなってますので、ぜひ一度『理学整体こめだ健康院』へご予約・お問い合わせ下さいね♪

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4丁目6−3 阪下ビル301

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ