理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

“プラセンタ注射”の疑問。 整体 プラセンタ 大阪市 住吉区 長居

“プラセンタ注射”の疑問。 整体 プラセンタ 大阪市 住吉区 長居

大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます♪

さて今日はついこないだまでこめだも知らんかった処置の話。

実はウチの患者さんで、整形外科で肩に“プラセンタ”を射たれた人が居りまして。

“プラセンタ”の名前は知ってはおりますが、どういう効果のある薬剤かはワカランし、こめだの感覚では「皮膚に張りが出た」とか「アンチエイジング」止まりのイメージで、整形外科で射つなんてその時点で意味ワカラン★

しかもその患者さんは左手シビレ、MP及びPIP関節の強直、肩凝り、正座が出来ない上に過去に頚椎切開OPE及び“かの有名な”A県のI藤整形で腰部のレーザーOPE を受けたという(モチロン治ってないからウチに来院したんですが)…

で、今は別の整形外科で、肩に“プラセンタ”の注射を(痛みどめを混ぜて)しているみたいです。

さて、では“プラセンタ”とは一体どんな代物なのか?

言葉としての語源は『胎盤』らしく、実際胎盤(馬や牛、豚などの)から細胞分裂を促進させる成長因子(グロースファクタ)を含む栄養素を抽出したものらしい。

羊のモノではないらしい。

 

遺伝子上は問題ないのかな?

 

 

で、これを患部などに注射することによって細胞分裂を促し、古い細胞と入れ替え、組織を活性化するというのが大まかな概要です。

 

そら解剖学の前の方に、細胞レベルが書いてるけど★


厳密な『代謝』のメカニズムについては、正直勉強が必要ですが★

 

 

研究成果により、がん細胞には関与しないらしく(つまり増殖しない)、これにより効用は美白とか美肌とかから始まって鬱病、二日酔い、代謝アップ、冷え性、アトピー、バストアップ、ダイエット…と、なんでもござれの万能薬的な使われ方をしています。

この考え方だと、痛みやシビレといった症状も、原則的には細胞を新生し、代謝を促せば全て治るというわけですね?

えぇ~っ、ホントにぃ!?

てことは、逆説的に考えると、この患者さんは左の肩から腕と、両膝、腰が代謝が遅くて症状が出るわけですね?

 

 

井沢元彦じゃないですが、逆説的に考えると結構欺瞞が見えてきますよ。

ちなみにこの患者さん、こめだの20分程度の手技で正座がキツかったのがかなりできるようになりましたが、たかが20分程で細胞って新生するもんですかね?

つーか、細胞が古いから正座出来んかったのか?

更にいうと、強直したMP・PIP関節は理屈でいえば回復するはずですよね?

だって、脳梗塞や心筋梗塞のように細胞が死んだわけじゃないですから、分化を促し代謝させれば組織を回復できるってことですよね!?!?

関節の強直が治ればノーベル賞モノですよ★

 これじゃ原因を究明せずにモジュール交換だけで復活したこめだのパソコン(でも訳のワカラン不具合があるの)と一緒ですよ。

えぇ加減、買い換えたいなぁ。

どうも怪しいし、ちゃんと理詰めで処置してますか?

というか、こんなアヤフヤな治療を整形外科(実行している院は稀だと思いますが…)がやってるなんて、ガッカリですよ★

ワケワカラン治療されるかもしれない整形外科は行きたくないけど、じゃあどこへ行けば良いのか迷っている方は、ぜひ『理学整体こめだ健康院』の手技をお試しあれ♪

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

 

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4丁目6−3 阪下ビル301

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ