理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

膝の半月板損傷をした方と話していて感じたこと。

膝の半月板損傷をした方と話していて感じたこと。

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

先日、患者さんではないんだけど、昔膝の半月板を損傷して、手術をしたって方と話をする機会があって、考えたコトがあります。

 

 

 

内側か外側か、明確にどこを損傷したのかまでは聞いてないけど。

 

 

 

半月板損傷とは、スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあり(正直、加齢は関係無いと思いますが)、発生機序としては、体重が加わった状態で膝を捻ったり、何らかの衝撃によって半月だけが損傷したり(外傷)、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものなど、基本的には外力や捻る動作によって発症します。

 

 

キタナイ膝ですが、実はこめだも柔道で前十字靭帯を断裂、内側側副靱帯を損傷しています★引き出し徴候陽性★

 

 

半月板の損傷の仕方も色々あって、その形状によって変性断裂・水平断裂・縦断裂・横断裂に分類されます。

 

 

 

損傷の状態によっては放置すると、さらに断裂範囲が広がったり、巻き込んで嵌頓したり、関節軟骨を傷めることもあります…まぁ、コレは使い方にも問題あるんですが★

 

 

 

で、半月板は靱帯と同様に血行が無いため、一旦損傷すると、出血して元通り回復って形の治癒力は作動しないため、手術を選択する場合が多くなるのですが、その場合、半月板の一部除去とか、全部除去とか、あるいは縫合といった対策が取られます。

 

 

 

それらをを内視鏡下でやる…細かい作業なんです。

 

 

 

まぁ、手術に関しては仕方がないんですよ、この場合。

 

 

 

問題はその後、なんです。

 

 

 

つい最近、現役復帰宣言したフィギュアスケートの高橋大輔選手も、半月板と前十字靭帯の損傷して手術してます。

 

 

 

今回、色々と話をしたこの方も手術をしているワケですが、リハビリで「とにかく筋肉を鍛えましょう!」ってコトで、随分と大腿四頭筋訓練をやらされたそうです。

 

 

大腿四頭筋訓練その①。

大腿四頭筋訓練その②。

 

 

でね?

 

 

 

コレは医療関係者全員に聞きたいんだけど、具体的に筋力が何キロくらいの力ななれば、良くなったと判断するの?

 

 

 

コレ、絶対に答え無いんだわ…そもそも半月板損傷なんて、両膝いっぺんにしないから、正常な側と比較が容易なんだけど、正常な側より筋力が上にならないとダメとか、そーゆー判断基準も無いのに、単に筋力強化しましょうってのは、医学的にマトモな回答だと思いますか?

 

 

 

例えば胃だって心臓だって、筋肉だけど、手術で切った張ったしてから、わざわざ負荷掛けて鍛えるのかね?

 

 

調子悪いとき(ダル重い)は、かなり丈夫目のサポーター巻いて固定するのが一番楽。

 

 

フツーは最初は負荷を極力避けて、徐々に自身の治癒力に鑑みて、日常の負荷に耐えられるか否かを判断する…それが医療者の役割じゃないの?

 

 

 

半月板みたいに、縫合したり、一部除去したりして、メス入れた箇所にイキナリ筋力強化を名目に、負荷をかけるのって、ホントにそれが良いと思いますか?

 

 

 

半月板損傷の術後にホントに必要なのは、関節の可動域(動く範囲)の確保であって、コレは筋力なぞ関係なく、他動運動(自動運動ではなく、人にやってもらう)で充分なんです…それを、状態を見極めながら、焦らずゆっくりするのが医療者のつとめな筈ですよ。

 

 

 

コレは半月板損傷に限らず、腰痛手術とか股関節の人工関節手術、もっと言えば、手術でなく、単なる腰痛とか膝痛でも言えるコトなんです。

 

 

 

つい最近、ネットで面白い記事を見つけたのですが、それによると、要するに膝の痛みに筋力トレーニングは、何の影響も無いコトが書かれていました。

 

 

 

実際、変形性膝関節症の患者さんの多くは、整形外科や接骨院で筋トレを強く勧められますが、実はコレが間違いだってコトなんです。

 

 

 

当院のような整体に来院される膝痛の患者さんでも、歩行訓練や大腿四頭筋訓練をマジメにやっている方が、実は一番治りが良くなかったりしますし、もっと言えば、筋力が低下したから、膝関節に痛みが出たワケではなく、すなわち筋力低下が原因ではないってコトになります。

 

 

 

もしかしたら、リハビリで筋力トレーニングすることによって、治りが遅くなるかも知れません(こめだ的には、それが事実だと確信してますが)★

 

 

 

術後のケアは重要です…しかし、それは患者さん個人個人の身体の状態を見極めながらやっていても、難しいのです…。

 

 

 

それを、単にルーティンのごとくメニューの一つとして筋トレを勧める医療者が多過ぎ、実際にソレでさらに苦しむ患者さんが多いのが実際です。

 

 

 

皆さん、信頼出来る、敢えて苦言の言える医療者を選びましょう!

 

 

 

治すって行為は基本、『急がば回れ』なんです…焦らず、無理せず、自身の身体と相談しながら、「待つ」覚悟が肝要です☆

 

 

 

理学整体の施術は、半月板術後の方にも優しく無痛な施術を提供出来ますので、もしリハビリでキツイ、かえって悪化した方は、どうぞご利用くださいね☆

 

 

 

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ