理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

『大腿骨頭壊死』の患者さんのアンケート。

『大腿骨頭壊死』の患者さんのアンケート。

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

今日は当院に来院されている患者さんのアンケートのご紹介です、協力感謝☆

 

 

 

河谷 和男さん、61歳男性、大阪府松原市。

 

 

実物。

 

 

Q.当院に来院される前は、どんな症状で悩んでおられましたか?又、どんな痛みがつらかったですか?

その症状によって、我慢していたことや、日常生活に支障をきたしていたことはありますか?

もし、病名をご存知であれば、お教え下さい。

 

A.病名【大腿骨頭壊死】

最初右膝カックンが時々。MRI、CTスキャンなど、病名発見は2011年。

だんだんと歩きにくく、足をひきずるように。

治療も手術しかないと言われ加圧とかいろいろ試してみた。

私の場合、痛みはなく力が入らず、歩くのが変な形になっていくこと。

2年前、右の靴下がはけなくなった。

今もはけない。

簡単にしゃがめない。

階段を上るのが苦痛、左向きになり、手すりが必要。

 

Q.手術をすすめられたことはありますか?それはどんな手術ですか?

 

A.骨切り回転術

 

Q.『理学整体こめだ健康院』で施術を受けて、どんな不便や症状が改善されましたか?

 

A.歩きはじめ、足が前へ出にくく辛かったのが、案外すっと前に出るように。

一度だけ、2ヵ月前、去年(注:2017年)12月頃、自然にかがめた。

治ったと思った。

普通に歩ける時もある。

段差の低い階段なら、上れる時もある。

改善されかけたら、旅行にいったり、仕事がきつかったりで、元に戻ってしまうが、回復は早くなっていると思う。

 

Q.他の治療院や接骨院、整形外科などと較べ、ここが違った!とか、こんなトコロが良かった!などとお気付きの点がありましたら、書いて下さると嬉しいです♪

 

A.改善のための運動はしない方がいい。

筋肉は休ませた方がいい。

とことんこの理論を説明してくれること。

疑問に思ったことはきっちり説明してくれる、わからないことはわからないと。

 

Q.家族や他人から、姿勢について指摘を受けたことはありますか?どんな姿勢だと指摘をされましたか?

 

A.兄弟から仕事を少なくしたらと。

歩く姿勢から、痛そうやね(自分では痛くないのに)やっこ凧のようにひょこひょこ。

妻からは、太った男の歩き方でガニ股。(今はうち股)

 

Q.その他、お気付きの点がありましたら、ご意見下さい。

 

A.治療のあと、休息している時隣で、次の患者さんの治療で話をしている時、ついその話に入りたくなる。

辛抱して聞いているのですが…笑

先生は、理屈屋で頑固だなと思う時もある(だてに年はとってないか)。

今、手術は受けたくない。

その代わり、理学整体という治療を受けているという安心感。

ゆっくりでいいので歩けたらと思います。

これからもよろしくお願いします。

 

 

…とまぁ、こんな感じで書いて下さいました♪

 

 

 

病名の【突発性大腿骨頭壊死】とは、ステロイド関連、アルコール関連、それ以外は原因不明の、厚生労働省から特定疾患に指定されている医療費補助対象の病気で、大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死(骨が腐った状態ではなく、血が通わなくなって骨組織が死んだ状態…無腐性壊死)に陥った状態をいい、壊死が起こるのと、症状(痛み)が出現するのには時間差があります。

 

 

 

実際、河谷さんの場合、骨壊死があっても痛みはありません。

 

 

 

だいたいの場合、骨壊死に陥った部分が圧潰することにより、痛みが出現する(骨折と同様)のですが、河谷さんは陥没がレントゲン撮影により存在しているにもかかわらず、痛みはありませんから、当院での処置は歩く・立つ・屈むといった動作、すなわち筋肉の正常な伸縮を確保するコトに注力すれば良いワケです(骨壊死や圧潰が正常に戻るコトは無いですから)。

 

 

 

股関節の大腿骨頭が、キレイな“丸”でなく、不整になっているのが、壊死して圧潰した箇所。

 

 

まぁ、痛みがある方も、痛みの大元はたいてい筋肉にあるので、骨は治しようがないですが、筋肉の状態さえ正常化すれば、たいていのコトは出来るまで回復します(もちろん、関節面の不整に伴う股関節の可動域制限は残存します)。

 

 

 

逆に言えば、アンケートにある“骨切り回転術”、或いは“人工股関節置換術”は、直接痛みには関係ない手術だというコトになります。

 

 

 

骨切り回転術の目的は、大腿骨頭の壊死に伴う下肢長の左右差を、寛骨側の位置を変えるコトで補うものなので、ソレはソレで、悪くはないけど…

 

 

 

ちなみに、最近の話なんですが、河谷さんのご近所の方が、股関節の人工関節置換術を2年前に受けたらしく(恐らく、変形性股関節症)、いつも顔をあわせると「人工関節手術は良いから、河谷さんも受けたら?」とすすめられていたのが、このところ手術した箇所がとても調子悪いらしく、「ワシ、手術せんで良かったわぁ〜♪」と、安堵されてます。

 

 

 

人工関節の手術は、この方の場合は2年しか保たなかったというコトになりますが、1年以内で症状が再発したり、手術直後からも調子がイマイチ…なんてのは非常によく聞きます(ただ、手術自体は“成功している”ので、何が原因で症状が再発・残存しているのかは不明で、「あとはリハビリで筋力強化”と言われるのが関の山★)。

 

 

 

なので、手術はやはり相当なリスクがあると言わざるを得ません。

 

 

その時の可動域や症状に合わせて調整する『理学整体』の、“内旋・外旋操作”。

 

 

『理学整体』の手技は、手術と違って“後戻り出来ない”リスクは有りませんし、術後に症状が再発しても、良い状態の時間が有れば、そこまで戻せる可能性がありますので、先ずは『理学整体』の手技を受けてから、手術を検討してみるのも良いのではないかと思います☆

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ