理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

整形外科と理学整体の考え方の違い。

整形外科と理学整体の考え方の違い。

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☆

 

 

 

当院には、かつて“年間4〜5回風邪を引き、1回風邪引くと1か月は微熱が続く”方が患者さんとして来院しておりました。

 

 

 

というか、今も来院してます…ただ、最初の来院理由も、今の来院理由も“腰痛&肩コリ”と変わりません♪

 

 

 

つまり、『風邪を引きにくくなりたい!』と思って来院したワケじゃないってこと。

 

 

 

ウチに“腰痛&肩コリ”を治しに来院して、その結果、体質としてあった引きやすかった風邪が、引きにくくなっちゃった方で、以前当ブログにて紹介したことがあります。

 

 

http://komeda-kenkouin.com/archives/1960

↑こちらがその記事。

 

 

で、今回のテーマは“対症療法”と“根治療法”の違いについて、です。

 

 

 

今回、敢えてこの風邪を頻繁に引く患者さんを引き合いに出したのは…まぁ単純に分かりやすいから、なんですよ。

 

 

 

この患者さんが、風邪を治したいと、仮に病院、内科にかかったとしましょう。

 

 

 

さて、内科のお医者さんは、この患者さんに対して、いかなる処方をするでしょうか?

 

 

 

多分、通常の風邪の対処と同じコトをするハズ…すなわち、熱を下げたり、整腸剤やクシャミ・鼻水止め、喉の腫れなどへの抗炎症剤、点滴や注射など…

 

 

 

そもそも、普通に飯が食える状態なら点滴なんて要らん★1〜2日飯食えなくったって、大丈夫だし、飯食った方が、消化に余計なエネルギーを振り分けなきゃならん★

 

 

 

話が逸れましたが、確かにコレで、風邪の症状は治るでしょう。

 

 

 

でもね?この患者さんは年に4〜5回風邪を引くんです…ソレに対するアプローチって、何かある?無いよね?

 

 

 

つまり、“風邪”に対しての処置は効果があったとしても、“風邪を引きやすい体質”に対しての処置は、そもそも無いので、効果は無いんです★

 

 

 

モチロン、色々と風邪を引かないように指導はされるでしょう、例えば身体を冷やさない様に、とか、普段から生姜を食え、とか。

 

 

 

生姜、こめだは好きだねぇ…身体のためとかで食ってるワケじゃないけど。

 

 

 

その程度で体質がガラッと変わる人は、そりゃ普段からものすごく不摂生をしてる人だと思うんです。

 

 

 

で、ウチで『理学整体』の手技を施した結果、ほんとに風邪を全然引かなくなり、今じゃ風邪引きそうな感じがあると、ウチに治療に来る…ウチ、いつから内科になったんだっけ?

 

 

 

つまり、身体を正す『整体』は、身体の形の異常を知り、形を整えることによって、身体の内部の構造を整え、キチンと治癒力や免疫力といった機能が働く様に変える療法、すなわち“根本から体質を正常化する療法”である、というコトなんです(だから必ずしも症状が即効するワケではない)。

 

 

 

逆説的に言えば、現代の医療はほぼほぼ診方が“対症療法”的で、長期的な視野に立ってはいないのです。

 

 

 

それは何故かとゆーと、「何でこの患者さんは、風邪を引いたのか?」とゆー原因究明をする努力をしてないから(とゆーか、そーゆー思想がない)。

 

 

 

これは、我々が普段携わる整形外科的分野においても同様なんですよ…すなわち、なぜ腰痛になったのか?なぜ関節が変形したのか?なぜヘルニアになったのか?…ソコを追究しないで、やってるのはホットパックや電気・牽引・マッサージ・ブロック注射・挙句の手術…全て症状を緩和する目的、“対症療法”です★

 

 

 

身体の“構造”と“機能”という観点で、全体から症状を把握しようとすれば、答えは自ずと出てくるハズなんですよ…だから、再発したり治らなかったりするんです★

 

 

 

歯医者さんの分野ですら、“予防歯科”的な考え方が広まっています…虫歯になってから対処するのではなく、虫歯にならないようにする“予防医療”。

 

 

 

それは何故普及しているかってーと、“虫歯”になってからの処置はメンドーで、ならない様にオーラルケアした方が、コスパも良いから…だよね?

 

 

 

この思想は、内科や整形外科的分野においても、“予防医療”の考え方として導入されるべきです。

 

 

 

すなわち、腰痛や肩コリ、股関節や膝関節を、痛みや変形から守る方法(“ロコモ”は、同じ観点ではありますが、ハッキリ言って役立たずですよ?あくまで“筋力”にこだわっている間は、身体の機能を理解出来てないので)です。

 

 

 

その為には、症状ばかりをみている“対症療法”も大事ですが、それよりも“根治療法”的な視野を獲得しなければならない…つまり、原因追究する姿勢が必要なんですよ☆

 

 

 

「歳のせい」とか、「体重のせい」とか、そんなコトを原因と決めつけるトコは、およそ治す気が無い(患者さんの状態に向き合っていない)ので、よーく考えてお医者さんを選びましょう。

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ