理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

腰椎ヘルニアで、歩くのが痛々しい患者さん。

腰椎ヘルニアで、歩くのが痛々しい患者さん。

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます🌞

 

 

 

今回も症例報告、とゆーか、ある意味“苦い思い出”とゆーか…

 

 

 

先日、腰椎ヘルニアというコトで、是非診て貰いたいと、電話で予約があり、受けました。

 

 

 

で、来院した患者さんの歩様を診て、「アチャ〜、こりゃ相当悪いな★ソレを説得出来るかな?」と、診察前から予感したんですよ、そしてその悪い予感は的中🎯

 

 

 

問診により、前述の通り腰椎ヘルニアがあること、寝ている分には痛みは無い(睡眠も摂れる)が、とりわけ3日前から歩行痛とシビレが酷く、そもそも立ってられないこと、仕事はクルマに乗ることが多く、かつ重い物を持つこと、そして既に運転するのが辛い、重量物はガマンして運んでいること、休めないこと、痛み止めを飲みながら仕事を続けていることを聴き取りました。

 

 

 

写真も撮りましたが(載せませんが)、立位で右足は床につま先しか着けず、身体は大きく曲がり、正座位もマトモに体重を支えられていません★誰が見ても明らかにオカシイ、てゆーか重症です。

 

 

 

そして、“痛み止め”やブロック注射が、その場しのぎであるコトは、理解しておられました。

 

 

 

もはや誰が見ても聞いても解ると思うんですが、この時点で限界を越えてます…今一番必要なのは、『休養』ですよね★

 

 

 

我々の言う『休養』には、2つの意味があって、1つは休ませるコトにより、自然治癒力を最大限に働かせること、もう1つは休まる=身体を使わない、つまりそれ以上負担をかけさせずに、悪化を防ぐこと、なんです。

 

 

 

問診で聴き取った、歩けないとか重い物が持てないとか、そもそも立ってられないなんて、要するに自分の身体ですら支えられない段階なワケですから、出来るワケなくて、やろうとすれば当然“ムリ”を強いる=悪化を招くのは明白です★

 

 

 

なので、施術中から口を酸っぱくして、患者さんの現在置かれている状況・状態を説明し、仕事は休んだ方が良い旨を伝えました。

 

 

 

でもね…替わりが居ないから仕事しなきゃいけないって聞かないんですよ★

 

 

 

最近、風邪薬のCMとかで、「休めない方へ」でもコレのんだら治るよ!みたいな啓蒙するから、余計うつ病とか増えるんじゃねーのか💢なんて思ってます。

 

 

 

そりゃ気持ちはわかりますよ?でも今迷惑をかからない様にムリして頑張った結果、全く動けなくなった時、更に周囲に迷惑をかけ、負担を強いるコトになるんだよね…

 

 

 

それに、ギリギリで休ませるから!なんて患者さんが言ったって、そんな言葉は信用出来ません…だってソレが分かってるんなら、そもそもココまで悪化する前に処置するでしょ?その辺りの見定めが出来なかったから、ウチに来たワケで★

 

 

 

で、とにかく集中的に施術しなきゃハナシにならん‼︎と、翌日に予約を取ってもらったんです(施術後、少しは姿勢も動きも良くなった、が、まだまだ許容出来ない程に酷かった★)、ホントはその日にもう一回施術したかった位なんだけどね?

 

 

 

で、翌日…朝、電話で「先生、動けなくなったから救急車呼んだ★」

 

 

 

…確かに、こめだが施術で貢献出来なかったのは、結果からして事実ですよ。

 

 

 

でも、最大限の警告はしました…解って貰えなきゃ意味がないんですがね★

 

 

 

殆どの患者さんにあるコトではあるんですよ、症状のぶり返しは…で、ソレって、なまじ動けるから悪化する場合が多い★

 

 

 

………という実話を、先日ブログで書いた『腰を押したら左腕に激痛!』の患者さんに話したところ、「すごい分かる‼︎痛くないのが良くなったとは限らないんだよね…」(この方、痛みが引いて調子が良くなったので、子供の送迎とか色々やったら、症状がぶり返して、エライ目に遭った★)………理解していただいて幸いです☆

 

 

 

コレ、風邪引いた時と置き換えて貰うと簡単なんですよ、要するに、「熱や症状を悪化させる」様なムリをしない→すなわち休養です。

 

 

 

内科系の疾患でも、動いて支障が無くったって、入院中は寝てるでしょ…動いて支障が有るのに、なぜやるのか?

 

 

 

本来なら、そーゆーコトを『整形外科学会』とかが社会へ啓蒙活動をすべきなんですがね…

 

 

 

『良薬口に苦し』と一緒で、ニーズが『早く痛みを消す(対症療法)』にあるのは事実ですが、真実を曲げてポピュリズムに迎合するべきではないと思います☆

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ