理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

“脊柱管狭窄症”で手術を受けた患者さんのアンケート紹介☆

“脊柱管狭窄症”で手術を受けた患者さんのアンケート紹介☆

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます☀︎

 

 

 

先々週は、『週刊現代』で掲載された、腰痛手術の危険性を読み解いた記事を書きましたが、今回まさにその“脊柱管狭窄症”の手術を受けた患者さんがウチに通っているので、その方のアンケートをご紹介したいと思います。

 

 

 

この患者さんは、岡村さん(75歳男性)といいまして、大阪府松原市に在住、名前など許可を受けて公開しております。下の写真が、そのアンケートです。

 

 

image

image

 

 

来院時の症状なんですが、杖をついて、付き添いの介添でやっと来院、ただ杖をついているのは腰痛以前にH22年に脳梗塞を発症していて、そのため左半身がやや不便なためです。

 

 

 

ただ、普段は2〜300mは休み休みでも歩けていたのが、来院1週間前から、歩行20〜30mで右股関節痛・腰痛が激しく、歩行距離が著しく低下したため、これでは故郷・大牟田に行けないと危機感を抱き来院されたそうです。

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症手術はH18年に受けていますが、手術後すぐは腰が軽くなったそうですが、2年後には歩けなくなるほどまで悪化(術前は歩けないことは無かった)、手術自体の効果には疑問があるそうです。

 

 

 

そのため、H20年にこめだの師匠の岐阜の『酒井健康院』に来院し、そこで回復したとのコトで、それがご縁で当院に来院されました。

 

 

 

では、アンケートの内容を以下に抜粋しましたので、ご覧下さい♪

 

 

アンケート:

Q:当院に来院される前は、どんな症状で悩んでおられましたか?又、どんな痛みがつらかったですか?その症状によって、我慢していたことや、日常生活に支障をきたしていたことはありましたか?もし、病名もご存知であれば、お教え下さい。

A:せきつい管狭さく症

 

Q:手術をすすめられたことはありますか?それはどんな手術ですか?

A:経皮的椎間板髄核摘出術?

(院長補足…脊柱管狭窄症の手術なので、おそらく術式は違います。平成18年に手術を行ったとのこと。)

 

Q:『理学整体こめだ健康院』で施術を受けて、どんな不便や症状が改善されましたか?

A:200m〜300m位歩行可(休憩しながら)

 

Q:他の治療院や接骨院、整形外科などと較べ、ここが違った!とか、こんなトコロが良かった!などとお気付きの点がありましたら、書いて下さると嬉しいです♪

A:治療が苦痛でない‼︎

 

Q:家族や他人から、姿勢について指摘を受けたことはありますか?どんな姿勢だと指摘をされましたか?

A:猫背

 

〜中略〜

 

Q:その他、お気付きの点がありましたら、ご意見下さい。

A:いつもながら、お茶のオモテナシ美味しく頂いています‼︎

 

 

 

 

経過:

4回目施術後:施術後しばらく良かったが、就寝時に腰部に鈍痛あり。

6回目施術後:鈍痛取れる。

8回目施術後:寝返りが自力で出来るまで回復。

10回目施術後:正座しやすくなってきた。

12回目施術後:200m歩行出来るまで回復。

14回目施術後:故郷の大牟田へ行けた。

15回目施術後:休み休みで500m歩行出来る。

その後、1か月に1回の施術で好調を維持、東京の息子さん宅にも新幹線で行ける。

施術後、たまに杖を忘れる。

 

 

 

脊柱管狭窄症の手術以前は、歩けないことは無かったのに、2年後には歩けなくなる、といった症例は、比較的多く、ただ整形外科などで検査すると、①他所にヘルニアなど、その他病変がある場合と、②全く異常無し、ちゃんとリハビリしてる?という場合が多かったりします。

 

 

 

原因とされる脊柱管の狭くなっている箇所は拡張し、手術自体も成功とされているのに、2年しか保たないのは、ちょっとね…

 

 

 

岡村さん自身も、手術をしたことによって、何か変わったか?というこめだの質問に対して、「手術をしたって気になったから、軽くなった気はした」という程度でしたので、狭窄部分を観血的に処置したものの、恐らく改善には役に立たなかったものと推察されます。

 

 

 

整形外科医の中には、「下位脊柱管は、馬尾神経としてたくさん分岐しているので、多少狭窄化していても、神経に直接被害は無い!」という医師も居て、必ずしも脊柱管の狭窄が腰痛や下肢の痛み・シビレの原因とするコンセンサスは無いようです。

 

 

 

もちろん、当院の『理学整体』の手技でも、狭窄部分が広がるかというと、それほど変化はなかったと思われますし、狭窄部の拡大を目的とした施術なんかそもそも出来ません★

 

 

 

が、明らかに施術前と較べて歩く距離も回復したことを鑑みれば、原因は狭窄ではなく、他にあったと考えるのが妥当なのではないでしょうか?

 

 

 

岡村さんは、脳梗塞を患っており、今も左半身は少々不便ですが、寝返りが出来たり、たまに当院から帰宅時に、杖を忘れるといったことから、順調に回復しているようです。

 

 

 

岡村さんは「新大阪駅で、乗り換えのために長い距離を歩くのが出来さえすれば、旅行が出来るから、その維持をするために頑張って通院するよ!」とおっしゃってますが、微力ながら協力させて貰えることを嬉しく思います☆

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

 

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ