理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

“筋肉が衰えた”は、患者を惑わすマジックワード②!

“筋肉が衰えた”は、患者を惑わすマジックワード②!

 

 

 

大阪市住吉区長居の整体、『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます♪

 

 

 

週刊文春がスクープ連発してますが、このところ週刊現代も、医療ネタで良い仕事してますよね♪

 

 

image

先週号。手術について、やらない方が良いって中に“脊柱管狭窄症”や“椎間板ヘルニア”“脊椎すべり症”も入ってましたし。

 

 

さて、先週からの続きです。

 

 

 

肘を使って前屈がしやすくなる、から始まり、腰痛では前屈しにくくなる、と続き、前屈するには背筋群とハムストリングが緩まないといけないってハナシでした!てコトは???

 

 

 

つまり、筋肉に対するアプローチとしては、筋“力”をつけるのがメインではなく、むしろ“柔軟性”、つまり緩まない筋肉を緩ませるようにするのが本筋ってコトなんです‼︎

 

 

 

だって、筋肉を鍛えて筋“力”をつけるのは、『縮む』力でしょ?緩むのは“力”要らんもん★

 

 

 

仮に、筋“力”を鍛えるのが必要だとして、ベンチプレスや握力みたいに筋力は数値化できますから、では腰痛対策での筋力って、数値としてどの程度が必要なの?そんな数値を指標として見たことも聞いたこともないし、更に言えば、どの筋肉を鍛えるのか?もしくはどんな動作に必要な筋力なのか?何ら具体性が無いんだよね?

 

 

 

ジムには、腰痛対策で鍛えに来た人が結構いるんだけど、たいがい悪化してる、と、ウチの患者さん(ボディビルダーで指導者、しかも腰痛持ち★)が申しておられました♪

 

 

 

 

MMT(徒手筋力テスト)という指標はあるけど、あれって相対評価じゃなく絶対評価だし、しかも関節運動しないんだよね…ていうハナシ、PTやOTの方くらいしかワカランか?

 

 

 

しかも、客観的でないし★

 

 

 

筋肉って、機能としては①熱発生②筋ポンプ③姿勢の維持と動作、の大きく分けて3つがあるんですが、姿勢の維持や動作は関節の動きあってのものだし、関節の動きを無視した筋力検査って、どー考えても無意味じゃないか?

 

 

 

腰の痛みで動けないっていうなら、痛みと筋力はまるで関係無くなるし(つまり、筋力が衰えた=腰痛、という図式は当てはまらない)☆

 

 

 

もっと言えば、ヘルニアや狭窄症、すべり症で手術して治るなら、そもそも筋力は全く関係なかったコトになるしね?

 

 

 

動作が上手くいかない、ちゃんと身体が扱えないのは、動作を操作する筋肉の伸縮が上手くいかないのが問題で、それはすなわち関節の可動不全なワケですよ、つまり膝が痛くて正座が出来ないってのと一緒で、じゃあ逆に、正座が出来ないのは筋“力”が衰えたせいか?というハナシになります。

 

 

 

違うでしょ?筋肉があろうと無かろうと、正座は出来るでしょ???なんで頭の賢い医者の方々が、そんなコトもわからんのかな…

 

 

 

てなワケで、ちょこっと専門用語入ってしまいましたが、筋肉は“肉離れ”や“挫滅”みたいな物理的な損傷を伴う以外は(それすら筋“力”が衰えたせいじゃないし★)、単に機能不全であって、胃弱と一緒で鍛えたりせず、安静にするのが一番‼︎

 

 

 

例えば心筋や内臓平滑筋を鍛えるって、聞いたコトないし。

 

 

 

皆さん、決して惑わされないようにして下さいね?

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

 

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ