理学整体 こめだ健康院

tel.06-6606-8877 朝9時から20時まで対応! [日・祝日休院]
電話でのご予約はコチラ

ウチの母親の『突発性大腿骨頭委縮症』経過レポート。

ウチの母親の『突発性大腿骨頭委縮症』経過レポート。

 
 
 
 
 
大阪市住吉区長居の整体『理学整体こめだ健康院』院長のこめだです、皆さんおはようございます!
さて今回はタイトルの通り、ウチの母親が4月27日に『突発性大腿骨頭委縮症』と診断され、6月1日に再び近大奈良病院の整形外科に受診し、その際撮影したMRIと、初診時に撮影したレントゲンとを貰ってきたので、さっそくご紹介したいと思います☆
 
 
{01D33FF9-478D-4CCF-A9B5-F6A8614C36C4:01}

最近、ディスクに焼いてくれる病院が多いですね♪ディスプレイ越しだといささか見にくいんだけど★

 

 

 

あ、そうそう、たまーに患者さんの中には、整形外科で撮影したレントゲンやCT、MRI画像が貰えないと訴える方が居ますが、普通ならちゃんと渡してくれますからね?

 

 

 

 

 

 

もし渡して貰えないんなら、「画像撮影費用を返せ!」と言えば良いんですよ、ありゃ“個人情報”ですから、他人はともかく、本人に渡せない理由なんて有りません。

 

 

 

 

 

 

最近漸く規制に動きつつある、画像撮影の際の“年間被曝線量”に関連あるコトでも有りますし、強気に言えば渡してくれますよ、遠慮は要りません、医者や事務員が何と言おうと、画像情報はあなたの個人情報なんですからね☆

 

 

 

 

 

 

ハナシが脱線しましたが、先ず4月27日に『突発性大腿骨頭委縮症』との診断を受ける根拠となったレントゲン画像を見てみましょう♪

 

 

 

{D7A3FF6C-0553-4CCE-90E8-8F718E57704D:01}

ディスクからのダウンロードの仕方がワカランので、見にくくて申し訳ない★

 

 

 

………コレ、向かって左側が患側なんですが、左右比べてみても、カルシウムの濃度は殆ど変わらなくね?????

 

 

 

 

 

 

う~ん、関節裂隙の間隔も狭くはないし、画像上は『異常ナシ!』と言っても差し支えないレベルなんですが…こりゃ症状で便宜上、病名付けたんだな…このブログをご覧になってるプロの方、どぉ思われますか?

 

 

 

 

 

 

で、次。6月1日の診察では、MRIを撮ったようで、その画像から「“水”が溜まっている」との指摘を受けたらしい。

 

 

 

{2DD1A748-C724-4942-A0C2-0547647C876F:01}

MRI T2画像…水分に反応する。

 

 

 

コレだと確かに関節包内の滑液が多めに見えますね、委縮症関係無いやん…

 

 

 

{1B7AA48E-C509-401D-A6E7-8BE0ACC26817:01}

白いのが水分。向かって右の股関節に比べると、白い部分が大きい。

 

 

 

他のMRI画像では、特に異常は無いなぁ……

 

 

 

{0F137987-5AF1-4F72-A657-AD5934D46A3A:01}
{6C14CC97-6A88-44B1-BB35-2137FB9D520B:01}
{43E37C5A-BD6D-4B3D-91C7-74F6E9F3D605:01}
{65A16413-A136-4209-8C07-1E173F1A4827:01}

横断面も有るけど、意味無いので割愛。

 

 

 

つまり、どうやら膝に水が溜まるような状態が、股関節に起こっているらしい。

 

 

 

 

 

 

放置すると確実に『変形性股関節症』に移行するパターンですね、こりゃ★

 

 

 

 

 

関節包内にある“滑液”が異常に増量する理由は、①炎症が発生しており、冷やすため、②損傷した軟骨面を保護・修復するため、③関節可動における“摩擦”を減らすため、という風に、基本的には防御反応であり、水である“滑液”自体は毒でも無いので、罪は有りません。

 

 

 

 

 

 

つまり、関節に“水”が溜まる様な問題があり、その解決を図ることが肝要になるワケです。

 

 

 

 

 

 

①の場合、炎症が引けば“滑液”は再び適量に戻りますし、戻れば内圧は下がって、関節の可動は戻ります、この辺りは当ブログで何回かメカニズムを掲載しておりますので、そちらを参考になさっつ下さい♪

   ダウン   ダウン   ダウン
 
笑えるのは、6月1日の母親に対する病院側の対応で、こめだが「これからどうすれば良いとか、聞いた?」と母親に聞くと、「何も無かった!あ、薬(痛み止め)は、減らせるなら減らしなさいって!」…そらそうだろうね、“滑液”減らす方策は、膝はともかく股関節は無いし。
ちなみに、現在の母親の状態ですが、動作の中で、何かの拍子にビリッと痛みが走る以外は、動作そのものも軽く、痛み自体も殆ど無い様です☆そら毎日施術してるんだもん、良くなって貰わんと!
施術に費やす時間も短くなり(調整が早くて済む☆)、経過は良好ですね♪
という感じで、股関節の症状で整形外科にかかるも、どうにも不安だ…という方は、『理学整体こめだ健康院』の施術を一度お試し下さいな☆

 

メールでのお問い合わせはこちらから

info@komeda-kenkouin.com

理学整体こめだ健康院について
【住所】   〒558-0004 大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル3F 【開院時間】月・火・木・金 9:00~12:00 14:00~20:00 水・土     9:00~15:00 【休院日】 日・祝(稀に祝は開院する場合あり。要問合せ)ご予約は今すぐこちらから ※スマホの方は電話番号をタップしてください 06-6606-8877

あなたの痛み、辛さに
院長が全力でお答えします

こめだ健康院

〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東4-6-3 阪下ビル

tel.06-6606-8877

御堂筋線 長居駅の5番出口から徒歩1分

受付時間
9:00~20:00
日曜・祝日 休院
  • 施術時間
  • 9:00~12:00
  • 14:00~20:00

▲水曜・土曜 9:00~15:00

お知らせ